Li'a Garden リアガーデン(茨城県牛久市) スタッフブログページ
茨城県南のエクステリア・外構・ガーデン工事は牛久市のリアガーデンにお任せ下さい。

  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2021-04   >
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    P3220419
     
     
    取手市・I様邸は
    昨年、外構工事を
    させて頂いた現場です。

    今回、時期の良い春先に
    ヒメコウライ芝貼りと
    植栽の追加工事を
    行いました。
      
     
     
    P3220409
     
     
    まずは、
    玄関ポーチの脇に
    追加で植栽する
    常緑中木の
    フェイジョア。

    奥様と職人さんとで
    植え付ける位置と
    樹木の向きを
    入念にチェック。
     
     ちなみに、
    敷地境界の奥に見えるのは
    ソメイヨシノの並木です。

    一面、薄桃色に咲き誇る
    ソメイヨシノを借景に、
    フェイジョアもしっかり根付いて
    成長してくれることでしょう!
     
     
     
    P3220403
       
     
    フェイジョアの位置と向きが
    決まったら、
    次は植え付けです。

    腐葉土を
    フェイジョアの根鉢より
    ひと回り大きく掘られた
    植え穴に投入、
    植え付ける土と
    しっかりと混ぜ込みます。
     
     
     
    P3270412
     
     
    植え付け時の水やりは
    しっかりと、
    これでもか!というほどに。
     
     
     
    PB092875
     
     
    植木の根鉢と
    植え穴の土を
    水を介してしっかり
    密着させるため、
    根鉢をゆすって
     土と鉢とを馴染ませます。
     
     
     
    P3220420
     
     
    支柱を施して
    植え付け完了!

    支柱に用いている竹は
    長いまま現場に運び、
    支柱を施す直前に
    最適の長さに切り分けます。

    支柱の機能を
    しっかりと果たすよう、
    地中へ打ち込む分の長さも
    しっかりと取り、
    地上部は、
    なるべく支柱が
    目立たないように
    余分な長さが出たら
    短く揃えて最後に
    切り落とします。

    手際のよい作業、
    いつも見入ってしまいます…。
     
     
     
    P3060510
     
     
    植栽の次は、
    ヒメコウライ芝貼りです。

    芝を貼る地面の
    凹凸を均し、
    特に建物や玄関ポーチなど、
    構造物の際の部分も
    丁寧に土を平らにします。

    芝の面の美しい仕上がりを
    イメージして
    細やかな作業を行います。 
     
     
     
    P3270526
     
     
    竹箒で、土の表面にある
    石や土の塊を集め、
    取り除きます。 
     
     丁寧な職人さんの仕事ぶり、
    さすがです!
     

     
    P3270523
     
     
    下地が決まったら、
    芝を敷き詰めていきます。

    当社が用いる
    ヒメコウライシバは
    芝貼り当日に
    つくば市の
    芝生産業者さんから
    引き取ったもの。

    日本一の芝の生産地・
    つくば市近郊ならでは!
    切り出して日の浅い、
    新鮮な芝を用います。
     

    P3220425
     
     
     当社が芝貼りを行う場合は、
    いわゆる「ベタ貼り」で行います。

    切り芝の間に
    すき間を空けて貼る
    「目地貼り」を行うと、
    目地から雑草が
    生えやすくなります。

    また、土の部分を全て
    当初から芝で覆うため、
    芝貼り完了当初から
    美しい芝面を楽しむことができます。
     

    今回もお休みのところ、
    施工と写真撮影に
    ご協力頂きましたI様、
    本当にありがとうございました。

    植え付けた樹木や
    芝の状況など、
    工事班がまた様子を見に
    お伺いいたします!
     
     
    P3270404
     
    ヨド物置発売50周年記念として
    Colemanとの
    コラボ物置が
    予約販売開始となりました!

    色は、
    各色1,000棟
    合計2,000棟の
    限定商品
    です!

    応募の締め切りは
    2021年8月31日ですが、
    2,000棟になり次第終了
    となるようです(;^ω^)

    ご検討の方は
    早めのご予約を
    オススメ致します!


    サイズはこちら↓
    NiwaNaviImage

    そして
    こちらのコラボ物置
    ご購入者向け
    キャンペーンとして
    Colemanの商品が
    抽選で当たります!

    NiwaNaviImage
    NiwaNaviImage
    NiwaNaviImage
    NiwaNaviImage
    NiwaNaviImage
    NiwaNaviImage
    NiwaNaviImage
    NiwaNaviImage

    詳細は、
    ヨド物置のホームページ
    ご覧ください♪

    お見積りは
    無料で行っております!

    お問合せは、
    ホームページの
    お問合せフォーム
    もしくは、
    お電話
    0120-16-2377
    でも大丈夫です!

    お気軽に
    ご連絡ください♪
    P3270404
     
     
    牛久市・T様邸の
    外構工事も
    終盤に差し掛かってまいりました。

    今回は、
    リビング前の
    掃き出し窓、2箇所を
    すっぽりとカバーする
    ウッドデッキの施工です。

    今回、T様邸に設置する
    ウッドデッキは
    今春の新商品、
    三協アルミの
    「ひとと木 キュアーズ」!

    https://alumi.st-grp.co.jp/products/deck/deck/hitotoki_cu/index.html
     
      
     
    P3270416
       
     
    まずは、
    ウッドデッキの骨組みとなる
    「大引き」の設置です。

    今回は間口が
    3.5間(6m強)と広々!

    衣類も布団も
    お休みの日に
    一度に干せる!

    因みに奥行きは
    6尺(2m弱)です。
     

    P3270412
     
     
    ウッドデッキの柱
    (束柱)は
    「調整タイプ」を
    採用しています。

    柱の長さは、最終的に
    ウッドデッキ全体の
    納まりを左右するため、
    「調整柱」で
    微妙に束柱の
    高さ調整を行います。 
     
     
     
    PB092875
     
     
    新商品のため、
    普段のウッドデッキの
    施工方法とは
    いくつか異なる点が
    ありますが、
    ひとつひとつ、
    工程を確認しながら、
    滑らかな手さばきで
    骨組みを完成させる
    職人さん。

    見ていてとても
    気持ちいいです! 
     

     
    P3060511
     
     
    一旦現場を離れ、
    午後再びT様邸を
    訪れると、
    既にウッドデッキが
    完成していました!
     

    P3060510
     
     
    今回、T様邸の
    「ひとと木 キュアーズ」の
    床板の色は、
    T様邸のリビングの
    フローリングの色に
    合わせて決定しました。
    (色/アッシュナット) 
     
     
     
    P3270526
     
     
    よりリアルな木肌を追求し、
    上品で落ち着いた雰囲気を
    醸し出しています。

    また、「ひとと木 キュアーズ」の
    大きな特徴として、
    ウッドデッキの側面が
    「幕板仕様」ではない、
    という点があると思います。
     
     
     
    P3270523
     
     
     
    通常のウッドデッキの
    「幕板」に当たる部分には
    「床板キャップ」を
    セッティング。

    床板の厚みは
    5cm弱となっており、
    とても軽やかな雰囲気です。
     
      
     
    P3270533
     
     
     「ひとと木 キュアーズ」、
    床板の色は
    今回の「アッシュナット」に加え
    「エボニーブラウン」
    「チークブラウン」の
    3色展開です。

    https://alumi.st-grp.co.jp/products/deck/deck/hitotoki_cu/detail1.html

    ご興味のある方は
    お気軽にお問合せください!
     
     
    P3060455

    リアホーム
    〜住まいの窓口〜
    では、
    公式LINEアカウント
    開設しています!

    勉強会のお知らせや
    いろいろな情報を
    発信しています♪

    弊社代表や
    専任アドバイザー東ヶの
    動画もあります!

    是非、
    友だち登録をして
    見てみてください♪

    ここをポチっと!
    友だち追加
    P3060455

    気がつけば
    Instagramの
    フォロワー様が
    1000人を超えていました!

    つたない投稿ですが
    いつも見ていただき
    ありがとうございます!

    この感謝を
    何か形にしたいなと思い
    メーカー様のご協力もあり
    セール期間を延長
    いたします!!

    詳細は、
    こちらをご覧ください!
    「お知らせ」
    P3040463

     
    牛久市のT様は、当社の
    「リアホーム 住まいの窓口」の理念に
    ご賛同頂いている中のおひとり。

     リアホームのことを
    お知りになったのは、
    ご自身のマイホームを建てる
    建築会社さんを
    お選びになった後でしたので、
    今回はリアガーデンとして、
    T様のイメージされているお庭を
    実現すべく、最大限の
    お手伝いをさせて頂きました。
     
     

     
    IMG_1571
       
     
    T様邸の外構工事も
    今年2月に着工しましたが、
    リアガーデン方式(?)で
    厳冬期は土間打ちを
    行っておりませんでした。

    やっと最低気温が
    マイナスになる日が
    ほぼなくなり、
    日中も暖かくなってきたので、
    土間打ちを行いました。 
     
     
     
    P3060455
     
     
    上の写真で、
    ワイヤーメッシュが
    入っている、この一部分は
    まだ土間打ちを行っておりません。 
     
    ご家族全員がお揃いの際に
    「手形」を押印するためです。

    写真左側に続く
    アプローチの入口付近が
    手形押印箇所の候補です!

    現在、まだ小さなお子さんの
    手形のサイズと、
    今後のお子さんの成長ぶりを
    重ねて想う機会が
    たくさんできそうですね。
     
     

     
    PB092875
     
     
    美しい刷毛引きの仕上がり。
    土間の縁を形成する
    「木枠」に目を移すと、
    木材と鉄筋とで
    丁寧に木枠が支えられています。

    より土間の縁を
    美しい直線で仕上げるための
    職人さんのこだわり。
    本当に恐れ入ります!
     
     

     
    P3060511
     
     
    リビング前の
    掃き出し窓、2箇所を
    すっぽりとカバーする
    ウッドデッキ。

    ウッドデッキ下の基礎も
    先程の手形の箇所と同様、
    これから土間を打ちます。

    そしてウッドデッキは
    今春の新商品、
    三協アルミの
    「ひとと木 キュアーズ」です。

    https://alumi.st-grp.co.jp/products/deck/deck/hitotoki_cu/index.html

    よりリアルな木肌を追求し、
    上品で落ち着いた雰囲気を
    醸し出す「ひとと木 キュアーズ」。

    完成しましたら、
    また施工事例でご報告します!
     
     
    P3060510
     
     
    ウッドデッキの前には
    広々とした主庭。

    この部分は、
    T様ご夫婦共通の趣味である
    「ゴルフ」を楽しまれるため、
    人工芝を敷設するか。

    それとも、
    イワダレソウの改良品種である
    「クラピア」を敷き詰めて
    お子さんと一緒に
    愛らしい小花を楽しまれるか、
    現在検討中だそうです。

    今後のお庭の完成が
    とても楽しみです!
     
     
     

     
    P3040463

     
    つくば市のI様ご夫婦は
    エクステリアに対する
    こだわりや想いを強くお持ちで、
    ご主人と奥様とで
    様々なアイデアを持ち寄り、
    お打合せを進めていきました。
     
     モダンで上品な
    グレーの外壁に調和する、
    シンプルな色使いの
    外構がI様のご希望でした。 
     
     
     
     
    IMG_1571
       
     
    外構工事は
    2月の下旬から
    着工しておりますが、
    冬の寒い時期の
    土間打ちは行わないため、
    駐車スペースには
    下地の砕石を敷き、
    ひとまず土間が完成するまで
    I様にはこちらに
    駐車頂いております。
     
     
     
     
    P3060455
     
     
    こちらはアプローチ部分です。
    300角と、600×300角の
    インターロッキングで
    舗装しています。

    (東洋工業:
    カルムペイブ
    色/クラリーブラック・
    クラリーホワイト)
     
     
     
     
    PB092875
     
     
    この写真を撮る前日は
    雨が降っており、
    しっとりと濡れた質感と
    なっています。

    目地幅は
    ランダムとなっており、
    モノトーンでクールな
    色合いの中に
    自然の風合いが
    感じられます。
     

     
    P3040468
     
     
    こちらは表札の付いた
    機能ユニットです。

    (Onlyone:
    スタイリングフレーム
    スタイリングサイン ネロ)

    このユニットの前面は、
    大ぶりなロックや
    乾燥に強い植物をあしらった
    ドライガーデンとなる予定です。 
     
    背後の玄関ポーチの
    手前に据えられた
    置き型の黒いポストと
    スタイリングフレームが
    対となり、
    空間を引き締めています。 
     

     つくば市のI様邸外構工事、
    まだまだ続きます!
     
     
     

     
     
    P3040463

     
    土浦市のT様様邸、
    昨年秋にリガーデン工事が
    完了していましたが、
    芝貼りは来春に、と
    お伝えしていました。
     
     
     
     
    P3060482
       
     
    当初、T様は
    リガーデンの工事と同時に
    芝も貼りたいと
    仰っていました。

    しかし、秋に芝を貼り、
    しっかりと活着しないまま
    冬を越すことになると、
    霜が芝を持ち上げて
    そこに冬の乾燥した
    北東風が当たり、
    芝が枯れる確率が
    高くなってしまいます。

    その旨をT様にお伝えし、
    芝貼りは春まで
    待って頂くことになりました。
     
     そしていよいよ、
    待ちに待った芝貼りです!
     
     
     
    P3060455
     
     
    ベテランの職人さん
    3人がかりで
    あっという間に
    芝貼りが進んでいきます。 
     
     
     
    PB092875
     
     
    今回、花壇や
    サークルストーンなど
    曲線のラインが多いT様邸。 

    芝も、隙間なく
    ラインに合わせて
    一枚一枚、
    手際よくカットします。
     
     
     
    P3060493
      
     
    そして、言わずと知れた
    日本一の芝の産地、つくば。
    今回用いた「ヒメコウライシバ」も
    前日につくば市の
    芝生産者さんの畑から
    切り出してもらったものです。

    芝の鮮度良し、
    芝貼りの技術よし!
    青々とした芝のじゅうたんの完成、
    間違いなしです!
     


    P3060501
     
     
    芝を全て貼り終わったら、
    最後に、このローラーで
    芝と地面とを
    密着させます。

    その後、潅水(水やり)を行い、
    芝貼り工事の完了です。
     
     この後、
    年間を通しての芝の管理方法を
    職人さんからT様に
    詳しく伝えてもらいました。
     
     
     
     
    DSC_0352
     
     
    そうは言っても、
    いきなりパーフェクトな管理は
    難しいですよね。

    当社が施工をお願いしている
    職人さんは、
    そのことも踏まえ、
    定期的にお客様の現場を廻り、
    植え付けた植物の状況を確認し、
    適宜育て方のコツを
    お客様にお伝えしています。
    本当に心強い!

     
     
    DSC_0350
     
     
    これで、ますます
    庭で過ごす時間が
    楽しみになりますね。

    きっと、T様が飼われている
    ワンちゃんも、喜んで
    芝生の上を縦横無尽に
    走り回ることでしょう。
      
    春まで芝貼り工事を
    待って下さり、
    更に写真撮影にも
    ご協力頂いた土浦市のT様、
    本当にありがとうございました!
     
     
     
    P3040463

     
    牛久市・K様邸は
    いよいよ土間打ち工事が
    始まりました。

    駐車スペース3台分と
    ウッドデッキ設置箇所の
    基礎部分の土間を
    3回に分けて
    施工する予定です。
     
     
     
    IMG_1571
      
     
    砕石を約10cmの厚さで敷き込み、
    15cm×15cmマスの
    ワイヤーメッシュを、
    隣り合うメッシュ同士は
    1マス程度重ねて
    敷設します。
     
    また、コンクリートを流し込んだ際、
    ワイヤーメッシュが
    なるべく土間の厚みの
    中央に来るように、
    スペーサーブロックという
    サイコロ状の小さなブロックを
    ワイヤーメッシュの下に当てます。

     更に、量水器や各種桝の天端に
    養生テープを貼って
    土間打ちの準備完了です。
     
     
     
    PB092822
     
     
    今回の土間打ちの範囲は
    駐車スペースのうち、
    最も南側に位置する1台分と、
    デッキ下部分です。
     
    駐車スペースは
    刷毛引き仕上げ、
    デッキ下は
    金鏝仕上げとなります。


    刷毛引きの場合は、
    上の写真の状態の「均し」が
    完了した後に
    暫く時間を空けて「押さえ」を行い、
    また時間を空けて
    3回目に刷毛で
    表面を仕上げます。

    仕上げ完了後、
    完全に土間が固まるまで、
    約1週間、時間を取ります。
     
     もちろん、
    防凍剤は使用していません(^_^)
     
     
      
    PB092875
     
     
     
    こちらはデッキ下の土間です。
    金鏝仕上げの場合は、
    「均し」の後に
    「押さえ」を2回行い、
    最後に金鏝で
    滑らかに仕上げます。
     
     
     
    P3040468
     
     
    土間の縁の部分は
    面鏝で押さえます。

    最終的に金鏝や刷毛で
    表面を仕上げた後に、
    改めて、一番最後に
    面鏝で土間の縁の部分を
    仕上げます。
     
     
     
    P3040450

     
    こちらは門袖の
    アルミ+樹脂ポールと
    人気のボビポストです。

    (Onlyone:エバーピラー100
    D50×W100/H1500
    色/エバーオーク)

    (セキスイエクステリア:
    ボビ+ボビラウンド
    色/メロンイエロー) 

    シックな建物外壁に
    明るい色調のウッドポールと
    メロンイエローのボビ、
    とても映えますね。
     
     
      
    PB092848
     
     
     4本のエバーピラーが
    全て垂直に立つように、
    ポールの基礎を固める際には
    水平器を何度も当てて
    確認します。

    その後の養生期間も
    ポールが強風などで
    歪まないように
    木枠を当てて養生します。
     
     
     
    P2240467
     
      
    こちらは、建物北側に敷く
    6号砕石の運搬作業です。
     
     DIYで砂利を敷かれる方も
    おられますが、
    ホームセンターで
    袋入りの砂利を購入すると、
    やはり割高になってしまいます。
     
    敷地内のサービスヤードに
    敷くことの多い
    6号砕石や川砂利は、
    エクステリアの業者が
    上の写真のようにダンプで
    大量に運搬し、
    一気に敷き込みを行った方が
    割安にもなり、
    作業もスムーズです。
     
     

     
    P2240460

     
    サービスヤードには
    室外機やエコキュートなど
    設備が多くありますが、
    それらに手押し車が
    ぶつからないよう、
    気を付けながら運搬します。 
     
     
     
    P3040456
     
     
    先日施工した
    インターロッキング
    (東洋工業:プラーガシリーズ)が
    部材によって
    乾湿の差が出ており、
    美しいテクスチャを
    描き出していました。

    牛久市K様邸の
    エクステリア工事、
    まだまだ続きます!
     
     
     
    P1130002

     
    牛久市・O様邸の外構工事が
    着々と進んでおります。
    この日は、
    1台分のカーポートの
    設置を行いました。
     
     (YKK AP:
    レイナポートグラン
    基本 51-27H
    ハイルーフタイプ
    色/本体・プラチナステン
    屋根ふき材・熱線遮断ポリカ
    (クリアマット))
     
     
     
    P2280452
     
     
    敷地内に電柱があるため、
    電柱から約15cm、
    屋根部分を離して
    施工を行っています。
     
     
     
     
    P2280456
     
     
    柱を設置する箇所に
    深さ50cm程度の
    穴を掘ります。

    カーポートの柱を
    穴にセッティングしたら、
    モルタルを流し込みます。


     
     
    P2240452
     

    柱の足元が
    しっかりと固まるまで、
    仮の支えと
    カーポートの骨組みとを結束し、
    養生します。
     
     
     
    P2240455

     
     
    一方、こちらは
    庭先の目隠しフェンスです。

    門袖と並んで
    フェンスが設置されることから、
    門袖と同じメーカーの
    木調色で揃えました。

    (YKK AP:ルシアスフェンスF04型
    色/柱材・プラチナステン
    パネル材・キャラメルチーク)


     
     
     
    PB092848
     
     
     木調の色だけでなく、
    フェンスと門袖の高さも
    揃えて施工していますので、
    より統一感が出ていますね。

     (門袖 YKK AP:
    ルシアスウォール03型
    幅800mm
    +照明18型
    +ステンレス切文字表札
    +エクステリアポストT5型)
     
     
     
     
    P2280460

     
    今回、建物の玄関ドアと
    門袖の色は
    メーカーが違うため、
    全く同じ色で揃えるということは
    できなかったのですが、
    なるべく玄関ドアの
    色の雰囲気に近いもので
    配色を行っております。
     
     
     
     
    P2280461
     
     
    こちらは、玄関ポーチへと続く
    アプローチの階段です。

    今回、階段の蹴上げ部分は
    土留めで用いている
    化粧ブロックと同じものを
    使用しています。

    (SBIC:スクエアC
    色/ダークブラウン)
     
     
     
     
    P2280457

     
     化粧ブロック天端の
    片方の凸部分をカットして
    踏面にあたる部分は
    モルタルの左官仕上げで
    階段をつくります。
     
     
     
     
    P2280471
     
      
    防凍剤を投入せず、
    自然乾燥で
    コンクリートを美しく
    仕上げたいので、
    土間打ちはもう少し
    気温が上がる時期まで
    行いません。

    牛久市のO様には
    ご不便をお掛けして
    本当に申し訳ありません。

    完成まであと少し。
    引き続き丁寧に施工を
    進めてまいります!
     
     


    P1130002

     
    牛久市・O様邸の外構工事が
    始まりました!

    お子様と3人家族のO様。
    今年はもう一人、
    ご家族が増える予定です。

    お子様達と一緒に
    のびのびと、
    楽しく賑やかに遊べる庭が
    ご希望のO様邸。

    比較的早い段階で
    外構のお打合せを開始し、
    いよいよ着工です。
     
     
     
    PB092822
     
     
    こちらは、
    東西と南北に積む
    化粧ブロックがぶつかる
    「角」の部分のレベルを
    決める作業です。

    このブロックの
    レベル設定が甘いと、
    後々ブロックの天端が
    揃わなくなるため、
    慎重にレベルを
    調整しています。
     
     
     
    PB092875
     
     
    入念に、
    レベル測定器で
    完全に水平になるまで
    微調整を続けます。
     
    一言で「エクステリア工事」
    と言っても、
    こういった繊細な作業から
    力勝負の作業まで
    様々です。
     
     熱中症になりそうな日も、
    寒さで指がかじかむ日も、
    本当に職人さん、
    お疲れ様です!
     
     
     
    P2240452
     

    化粧ブロック積みの肝となる
    角のブロックの
    レベルが決まりました!

    しっかりと固定して
    水糸を張り、
    順次ブロック1段目を
    並べていきます。 
     
     
     
    P2240455

     
     
    こちらは、玄関ポーチの
    側面に沿って積む
    化粧ブロックのベースです。

    玄関ポーチの向かって右側に
    雨どいがありますが、
    この雨どいは、
    ハウスメーカーさんの
    建築図面では
    玄関ポーチのすぐ脇に
    設置されていました。

    しかし、O様と当社は
    比較的早い時期から
    外構の打ち合わせを行っており、
    玄関ポーチの側面に沿って
    化粧ブロックを回した方が
    敷地が有効に使える旨を
    お客様に事前にお伝えていました。
     
     
     
    PB092848
     
     
     その内容をO様は
    ハウスメーカーの
    担当の方にお話され、
    結果として
    雨どいの位置は
    化粧ブロック積み予定の
    位置から逃げて
    右側にずらして
    設置されることになりました。 
     
    お客様とハウスメーカー、
    当社とがうまく連携し、
    収まりのよいエクステリアを
    施工する運びとなりました。
    本当に良かったです!

    引き続き、
    牛久市O様邸の
    エクステリア工事を
    丁寧に進めてまいります! 
     
     
     
    P3040463

     
    牛久市・A様邸は
    エクステリア工事と
    植栽工事を分けて
    施工を行いました。
    今回は、二期工事の植栽です。

    シンボルツリーの
    ジューンベリーと、
    スリット状の生垣として
    スカイペンシルを植栽しました。

     
     
     
    IMG_1571
      
     
    室内のダイニングテーブルからの
    見え方を基準とし、
    リビングから伸びた
    ウッドデッキに出て、
    また樹木の向きや
    位置を確認。
     
     
      
    PB142823 - コピー
     
     
    A様ご夫婦と、
    お子さんも一緒に
    一生懸命、
    シンボルツリーの位置を
    考えてくれました! 
     
     
     
    PB142831
     
     
    今回、A様邸では
    植栽工事のうち
    芝貼りだけは
    1期工事の最後に
    行いました。

    広々とした庭先が、
    冬ではない時期に
    数か月にわたって
    土のままになると
    雑草も生え、
    お子さんも自由に庭で
    遊びまわれないためです。

    今回、その芝の一部を撤去し、
    ジューンベリーを植え付けました。
     
     
     
    PB142836
     
     
    植木の根鉢より
    一回り大きい穴を掘り、
    腐葉土を混ぜ込んで
    植木を据えます。
     
     
     
    P3040468
     
     
    ジューンベリーの
    植え付けが完了しました。

    植え付けた根鉢の部分は、
    先程撤去した芝を
    貼り戻すことはしません。

     しばらくの間、
    水やりを行っていく際に
    どの位、水が根鉢に
    行き渡ったか、
    芝を戻してしまうと
    確認できないためです。
     
    ある一定の時間が過ぎ、
    シンボルツリーが根付く頃には、
    周囲の芝からランナーが伸びて
    土の部分は芝に戻ります。
     
     
     
    P3040450

     
    一方、こちらは
     駐車スペースと主庭の間に
    植木でスリット状の
    目隠しをつくります。

    用いたのは、
    刈込の手間が殆どかからない
    スカイペンシルです。

    均等なピッチで
    植え付けを行うため、
    メジャーを当てて
    植え付ける位置を
    決めていきます。
     
     
      
    PB142843
     
     
     両端のスカイペンシルは
    先に植え付け、
    その間の距離を
    残りの本数で割って
    同じピッチで
    スカイペンシルを植え付けます。
     
     
     
    PB142838
     
      
    スカイペンシルを
    全方向に傾けながら
    根鉢が庭の土壌に活着するよう、
    入念に水やりを行います。 
     
     
     
    PB142834

     
    6号砕石敷きの一部にも
    スカイペンシルを
    植え付けます。

    エクステリアの職人さんが、
    植木職人さんに配慮し、
    予め植栽スペースに
    木枠を組んで下さいました。

    6号砕石の下にある
    防草シートをカットせず、
    スムーズに植え付けを
    行うことができました。
     
    各々の職人さんの
    細やかな心遣いが
    本当にありがたいですね。

    植栽工事と写真撮影に
    ご協力頂きました
    牛久市のA様、
    本当にありがとうございました!
     
     

     
    ≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 10 | 11 | 12 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • 【牛久店】
    〒300-1231
    茨城県牛久市猪子町995-209
    猪子町事務所102
    フリーダイヤル
    0120-1623-77

    まずは、
    お電話もしくはお問合せフォームより
    ご予約ください。
    TEL/FAX 029-846-1588

    【設計事務所】
    〒301-0855茨城県龍ケ崎市藤ケ丘5-4-5
    TEL/FAX:0297-64-1914
    NiwaNaviImage