ロゴ

スタッフブログ

日本一の芝の産地・つくば。「つくばグリーン」や「TM9」など、話題の芝をご紹介!

更新日 : 2021.06.09
イメージ

 
今シーズンは梅雨入りが早まるかと思いきや、
6月に入ってからも
比較的良いお天気が続いております。

若葉が青々と茂る季節となりましたが、
皆さん、お庭の植物の調子は
いかがでしょうか?

コロナ禍の現在、
ご自宅で過ごすことが多くなると
お庭のリフォーム、
「リガーデン」を検討される方も
多いのではないかと思います。

化粧砂利や人工芝は
お手入れがほぼ不要という点では
大きなメリットがありますが、
やっぱり、何か味気ないな…
と思われる方、
結構いらっしゃるのではないでしょうか。
 
 

イメージ

 
今回、芝が旺盛に生育するシーズンに合わせて
日本一の芝の生産地であるつくば市に
芝の品種の視察に行ってまいりました。

(全国の芝の生産量の約半分は茨城県産、
そのうち約8割はつくば産だそうです)

これから新築外構をご検討の方、
またはリガーデンで芝貼りをご検討の方、
天然芝は是非「品種」で選んで頂きたい!
 
 

イメージ

 
一言で「芝」と言っても、
よく見ると葉の太さや葉の色は
品種によって異なり、
それが芝生の「面」として展開すると
お庭全体の印象が変わってきます。

加えて、芝を貼る場所の日当たりや
お手入れの頻度をどうするかによっても
芝を選び、使い分けることができます。

つくば産の新鮮で良質な芝を
手軽に入手できる茨城県南エリアの皆さんに
是非、つくば産の天然芝の魅力を
お伝えできればと思います。
 
 

イメージ

 
まずはこちら。
茨城県つくば芝振興協議会の
パンフレットの表紙に掲載されている
つくばで生まれた芝の品種の
イメージキャラクターたちです。

左から「つくば姫」「つくば輝」「つくば太郎」。

これらは、
つくばで生まれた芝の品種名です。
早速、これらの品種について
ご紹介していきます!
 
 

イメージ

 
上の写真の芝は「つくば姫」です。

その名の通り、
「ヒメコウライシバ」の改良品種。
葉の幅が細く、
芝の面がとても緻密で繊細な印象です。

春の萌芽が早く、
冬枯れもの時期も遅いため
芝が緑の状態にある期間が長い
という特徴があります。
 
 

イメージ

 
こちらは「つくば太郎」。

(刈った後の葉の処理が間に合わず、
写真全体が白っぽく写っております…)

つくば太郎は「ノシバ」の改良品種です。
「つくば姫」と比較すると、
とても力強い印象ですよね。

生育旺盛でしっかりとしたマットを形成し、
耐陰性に優れ、
日陰にも強いという特徴があります。
 
 

イメージ

↑つくば姫

イメージ

↑つくば太郎

 
こうして比べてみると
印象が全く違いますよね。

繊細できめ細やかな芝→ 「つくば姫」

力強く、青々とした芝→ 「つくば太郎」

という印象になると思います。


今回「つくば輝」は
生産が追いついていない状況で
写真撮影が叶いませんでしたが、
概ね、個人邸のお庭に貼る芝は
つくばシリーズの中では
「つくば姫」「つくば太郎」
の2品種だそうです。
 
 

イメージ

 
一方、こちらは
「つくばグリーン」という品種。

「つくば姫」「つくば太郎」とは、
また趣を異にする雰囲気です。

つくばグリーンは「ノシバ」の改良種。
「つくば太郎」もノシバの改良種で
葉色は青々としていますが、
「つくばグリーン」は更に
青の色味が強いのが特徴です。
 
一般的なノシバに比べて
葉の長さが約6割程度と短く、
その分、芝刈り回数を軽減できます。
 
また、つくば太郎同様、
耐陰性に優れ、
日陰にも強いのが特徴です。
 
 

イメージ

↑つくばグリーン

 
写真よりも、
実物の方が「青い!」と
実感頂けると思います。

見渡す限り、芝の圃場が広がるエリアで
「つくばグリーン」の青さは
やはり目を引くものがあります。

リアルに、「隣の芝生は青い」!
 
 

イメージ

↑TM9

 
そして上の写真が
近年お問い合わせが急増している
「TM9(ティーエムナイン)」です。

何と言っても、芝刈りの頻度が
一般的なコウライシバの2分の1程度
というのがTM9の最大の特徴です。

今シーズンは特にTM9の出荷量が多いそうで、
広々としたTM9の圃場の写真は
撮影することができませんでした。

このTM9、ご存じの方も多いと思いますが
トヨタ自動車が開発した
コウライシバの改良種です。

https://www.toyota.co.jp/tm9/index.html
 
 


イメージ

 
つくばシリーズの4品種の葉を
並べて比較するとこのような感じです。

「つくば太郎」と「つくばグリーン」は
同じノシバの系統であるため、
葉の葉が広く、しっかりとしています。

一方、「つくば姫」の葉はとても細く、
繊細な印象ですね。

因みに、葉の「長さ」は
圃場の刈り込み頻度で異なるため、
あまり気にしないで見て頂きたいです。

そしてやはり際立つのが
「つくばグリーン」の葉色。

肥料の種類や施肥の頻度などで
葉色も若干変わってきますが、
青みがかった濃い緑の葉色は
一際目を引きます。


下の表に、これまでお伝えした内容をまとめました。
 
 

イメージ

 
そして、芝選びの重要なポイントのひとつ、
芝の「お値段」について。

ホームセンターで購入できる
一般的な「コウライシバ」と比較すると、
大まかではありますが

「つくば姫」「つくば太郎」は約 1.3倍、
「つくばグリーン」は約 1.6倍、
「TM9」は約 3倍 となります。

 
TM9は特に割高な印象ですが、
それでも人気は衰えるどころか、
年々認知度も高まり、
弊社も施工する機会が増えています。

皆さん、忙しい日々を過ごされる中で、
ご自宅のお庭に天然の緑を求められていることを
ひしひしと感じます。


広々とした面積に芝を貼る際は、
この単価の差がかなり効いてきますが、
さほど広くない場合、
初期投資は通常のコウライシバより掛かりますが、
お好みの芝の見た目や、
メンテナンスの頻度に合わせて、
芝の品種を選ぶ価値は十分にあると思います。
 
 

イメージ

 
最後に「天然芝」と
「その他のお庭を覆う素材」との比較について。

例えば、近年人気が高まっている
「人工芝」ですが、
個人邸に敷設する人工芝の耐用年数は
約 8~10年と言われています。

人工物である以上、
劣化は避けられません。

そこで、
10年後のご自身のライフスタイルを
イメージしてみて

・人工芝を再び張り替える
・砂利を敷く
・インターロッキングなどを敷く
・劣化した人工芝をそのままにしておく…

など、いくつかの選択肢があると思います。


ライフステージに応じて
ご自宅をリフォームするように、
お庭もゆくゆくは
リガーデンを行うことになる、
ということも考えながら
庭づくりを考えると良いと思います。
 
 

イメージ

 
もちろん、これは
「天然芝」をお庭に貼った場合にも
当てはまります。

いくら省管理型のTM9といえども、
全く手入れを行わなければ、
青々とした芝のカーペットは望めません。


お客様ご自身のライフスタイルや家族構成、
ご予算、その他様々な条件によって、
当たり前のことですが、
最適なお庭のスタイルは異なります。

理想の庭のイメージ、
そしてこれから先、
庭とどのように関わっていくか。

数ある条件の中で、
何を最優先したいかを整理した時、
「つくば産の天然芝」が
候補のひとつに挙がることがありましたら
本当に嬉しい限りです。


弊社では、
今回ご紹介した芝の品種は
全て施工可能となっております。
気になる芝の品種がございましたら、
お気軽にお問合せください。
 
 

Archives

Recent posts

  • つくば市・Y様邸 着々と外構工事が進んでおります!

    つくば市・Y様邸 着々...

  • 牛久市・Y様邸、目隠しフェンス設置工事が始まっています!

    牛久市・Y様邸、目隠し...

  • つくば市・G様邸、自然石の乱張り工事が進んでいます!

    つくば市・G様邸、自然...

  • つくば市・I様邸、折板カーポート施工中です!

    つくば市・I様邸、折板...