ロゴ

図面ギャラリー

【エクステリアご提案図面】ごろた石とレンガのアプローチで囲まれたナチュラルモダンエクステリア<土浦市 O様邸>

更新日 : 2021.07.02
イメージ

北欧風の白壁が印象的な戸建て住宅にぴったりの、シンプルで温かみのあるエクステリアをデザインしました。

外壁の白と、玄関ドアのシナモンオークの色味に調和するように、エクステリアの素材も白と暖色系のアースカラーを主に用いています。

門袖は玄関ポーチと一体化し、ポスト(東洋工業:PINO ピノ)は門袖のコーナーに横付けしました。表札(福彫:ニューブラスアイアン CALIE カリエ)は軽やかなアンダーラインが特徴で、エントランス部分の雰囲気を和らげています。
  
門袖の足元にはゴロタ石と中木(ブルーベリー)を配し、自然素材のテクスチャーで空間に潤いを与えています。
 

イメージ

駐車スペースには、2色のコンクリート土間をデザインしました。
道路側は白のカラーコンクリートで刷毛引き仕上げ、住宅側は通常のコンクリートで金鏝仕上げです。
目地にはさびのピンコロを用いています。
また、木調の車止め(東洋工業:スリーパーパーキング)は固い印象のコンクリート土間の中で良いアクセントとなっています。

駐車スペースの縁はゴロタ石で土を止め、そこから住宅側へは緩やかに傾斜をつけて芝を貼ります。
芝地の東端には、心理的に外部からバックヤードへの侵入を遮断する役割として中木(イチジク)を、また玄関ポーチ周りにも、高低差を和らげ、外部からの視線を遮断する役割として中高木(アオダモ、ビブルナムなど)を配しました。

イメージ

玄関へのアプローチは、ボーダーのインターロッキング(ユニソン:フラミア)を2色用いて敷設しています。
アプローチは緩やかな曲線を描き、西側境界部分とアプローチの間にできたスペースには、芝と高木~草本類(ハナミズキ、ロータスなど)を配して更にアプローチの雰囲気を和らげています。

イメージ

玄関ポーチは、白いジョリパット仕上げの階段の天端に、グレーの舗装材(東洋工業:プラーガペイブ 300×600)を敷設しました。
門袖から延びる手摺り(YKK AP:ルシアスフェンスLite 02型 H600)は、重厚な印象を持たせず、しかし転落防止としての機能を果たすよう、空間全体のバランスをみて配しました。

イメージ