ロゴ

図面ギャラリー

エクステリアご提案図面】自然石の乱張りアプローチ・斑入りのシンボルツリーを、印象的な光で演出するエクステリア<つくば市 K様邸>

更新日 : 2021.07.02
イメージ

エクステリアは建材・部材を主として用いるため、堅い雰囲気になりがちです。
自然石や樹木類など、自然のテクスチャーを要所に織り込み、堅いもの、やわらかいもの双方を引き立てあうエクステリアをご提案させていただきました。

イメージ

駐車スペースは3台分を確保しました。
普段使いの軽乗用車1台分にはカーポート(YKK AP:エフルージュグラン)を設置し、そばに駐輪スペースを配置しています。
 
土間コンクリートの目地には径が大きめの化粧砂利を用いてアプローチ部分に用いた自然石乱張り舗装のデザインと呼応させています。
 

イメージ

アプローチ部分は鉄平石の乱張りを基調とし、ダークブラウンのカラーコンクリート舗装で縁取りを施しています。
また、玄関ポーチと揃えた300角のタイル貼り舗装(東洋工業:カルムペイブ)を組み合わせて方形と自然形の石のフォルムを対比させました。

シンプルな門袖には切り文字表札とボーダー型のポスト(オンリーワン:ヴァリオネオ ウッディ)、個性的な照明(オンリーワン:BLOB ブラックガード)を設置しました。

門袖前にはオーナメンタルプランツのユッカ、斑入りのヤマボウシ‘ウルフアイ’を据え、ネイビーブルーの建物外壁と白の門袖に映える植栽としました。

イメージ

駐輪スペースのそばにカーポートがあることで、二輪車のチェーンキーをカーポートの支柱に繋ぐことができるようにしています。

シンボルツリーのヤマボウシ‘ウルフアイ’は性質も強靭で単価も手頃なため、近年個人邸で多く用いられるようになってきました。

イメージ

主庭にはウッドデッキ(YKK AP:リウッドデッキ)を設置し、道路側からの視線をやわらかく遮蔽するため、ハナミズキとシマトネリコを周囲に配しています。
また、アプローチ部分との高低差があることからフェンス(YKK AP:ルシアスフェンスH05型)を設置しました。

イメージ