ロゴ

図面ギャラリー

【エクステリアご提案図面】フレンチスタイルの平屋に大判の天然石アプローチが調和するエクステリア<つくば市 H様邸>

更新日 : 2021.07.02
イメージ

全国的な広がりを見せる「平屋ブーム」。
1軒当りの敷地面積を広く取ることのできる茨城県は、まさに平屋を建てるのに打ってつけのエリアですね。

つくば市のH様も、憧れのフレンチカフェスタイルの平屋にご家族4人でこれからお住まいになります。
モノトーンの上品な建物外観に自然石の色合いと質感が優しく調和する外構となりました。

イメージ

駐車スペースはたっぷり3台分。
普段ご家族で2台分を使い、来客用に縦列駐車ができるよう、もう1台分のスペースを来客用に確保しました。
土間の目地は、モノトーンの建物の雰囲気に合わせてシンプルに黒の伸縮目地としています。

イメージ

アプローチは自然石2種を効果的に配置しました。
メインは大判の天然石です。(ユニソン:ガレリアプレート 色/スモークベージュ)

1枚の石材のサイズが90×60cmmですので、安定感のある、とても優雅なテクスチャとなっています。
自然石ならではの質感や色のグラデーションもとても味わい深いです。

一方、方形の石張りの隣には、トーンの暗い自然石乱張りを対照的に敷設しています。(エスビック:ラジャスターン乱形 色/Mグレー)
この乱張り部分は、自転車の駐輪スペースとして利用します。

イメージ

今回H様邸には門袖は設けず、華奢ですが存在感のある、クラシックな雰囲気の機能門柱を設置しました。(Onlyone:クラシカルスタンド 色/ブラックマット)

周囲の植栽が、味わい深い機能門柱の色合いをより一層引き立てています。
 
主庭と駐車スペースを仕切る擁壁はコンクリートブロックにジョリパット塗装を施し、高さ60cmのアルミ鋳物フェンス(LIXIL:ラフィーネフェンス3型 色/アイアンブラック)を設置しました。

フレンチスタイルの建物の雰囲気にアルミ鋳物フェンスはぴったりですね。

イメージ

主庭には、スタイリッシュな樹脂デッキを設置しました。(三協アルミ:ラステラ床張り出し納まり・ダブルフレームタイプ 色/デッキ材・ブラックマーブル 束柱・ホワイト)

アルミ形材のホワイトと、デッキ材のブラックマーブルの色合いが、建物の雰囲気に調和して一体感が出ています。

デッキのステップは広々とした二段デッキ(独立タイプ)を採用しています。

加えて樹脂デッキの周囲には、洗い出し舗装と300角インターロッキングの縁取り(東洋工業:カルムペイブ 色/クラリーブラウン)で屋外に敷き詰めたラグのような雰囲気を出しました。

夏場はお子様たちがビニールプールで楽しむ間、ご夫婦はゆったりと樹脂デッキでお食事やお酒を楽しむ予定です!

イメージ

お隣様との境界には、横長のサイズ感が特徴的な化粧ブロック(エスビック:スキエット 色/ホワイト)を用いました。

化粧ブロックの上には高さ80cmの目隠しフェンス(LIXIL:フェンスAB YS3型 色/ナチュラルシルバーF+ブラック)を設置しています。

幅広のパネル材のブラックが主庭の縁取りとしてきりっと引き締め、芝や植栽とのコントラストもとても鮮やかです。

イメージ

主庭を除く建物の周囲は、防犯機能と美観を兼ねて、6号砕石を敷き込んでいます。

6号砕石は、石材が角ばっていて踏みしめると音がしっかりと鳴ります。
泥棒が周囲を歩き回ると音で気付きやすいのが特徴です。

H様邸の建物の雰囲気にも6号砕石の控えめなブラックの色味はぴったりです。 

イメージ