ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【中木】 ギンバイカ Myrtus communis 〈常緑広葉樹〉

更新日 : 2021.07.03
イメージ

 
この花の主役は
花弁より花糸(雄しべの柄の部分)、
ですよね。

ギンバイカはフトモモ科に属します。
フトモモ科といえば、
ブラシノキやフェイジョアが
日本ではよく植えられていますが、
やはりそれらも花糸が強烈な印象です。

今回は可憐で繊細な花姿の
ギンバイカをご紹介します。
 
 

イメージ

 
ギンバイカの原産地は
ヨーロッパ南部、北アフリカ、
西アジアなど。
「銀梅花」の和名は
その花姿から名付けられました。

ヨーロッパでは、
神話に登場する女神たちに捧げる花として
ギンバイカが描かれており、
愛、不死、純潔の象徴として
結婚式のブーケなどに
古くから用いられてきました。

日本でも別名「イワイノキ(祝いの木)」は
これらが由来となって
名付けられたのだと思います。
 
 

イメージ

 
また、英名は「マートル」。
ハーブとしても古くから用いられており、
葉を肉料理の香り付けに用いたり
乾燥させてスパイスにしたりします。

古代ローマでは
「コショウ」が普及する以前は
その役割をマートルが
担っていたそうです。
 
 

イメージ

 
上の写真は筑波実験植物園のギンバイカです。
立派な大株に育っています。

ギンバイカは
耐寒性があまりないと言われていますが、
最低気温が-10℃程度までは
耐えられるようです。

茨城県南エリアでも
筑波実験植物園をはじめ、
旺盛に育っている姿を
よく見かけますので、
問題なく冬越しすると思います。
 
樹高は自生地では
5mほどになるそうですが、
日本では1~3m程度まで生長します。
 
 

イメージ

 
葉はつやのある常緑。
端正で小ぶりな葉のテクスチャも
なかなか素敵なものです。

近年は白斑の品種も出回っており、
こちらも風情があります。
 
 

イメージ

 
そして特筆すべきは、
その花付きのよさ。

丸く愛らしいその蕾を見て頂ければ、
その花数の多さが
お分かりいただけると思います。
蕾の姿もまたとても良いですよね。
 
 

イメージ

 
花糸の姿は
何度見て惚れ惚れしてしまいます。

こうして見てみると、
ギリシャ神話の時代から
人々はこの花を見て
感じ入るところがあったのだな、と
またしみじみ見てしまいます。
 
 

イメージ

 
そして花付きの良さは実付きの良さ。
秋には生で食べられます。

白斑の品種に実が付くと、
葉色と実とのコントラストがまた美しいです。
(画像がなくて申し訳ありません…)


ギンバイカを植え付ける際は、
日当たりと風通しのよい場所に。
できれば「筑波おろし」などの
寒風が直接当たらない場所が良いです。

生長はゆっくりですので、
苗を購入して育てれば
剪定などの手間は殆どかかりません。
白斑の品種は更に生長がゆっくりです。

美しく端正な照葉、
愛らしい蕾から見事な花姿、
実に至るまで、
様々な楽しみ方のあるギンバイカ。
是非お庭に1本いかがでしょう?
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧