ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【低木】 ウグイスカグラ Lonicera gracilipes var. gracilipes 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.03
イメージ

 
透明感のある小ぶりな赤い実、
とても愛らしいですね。
この実、甘みがあり食べられます。
しかし食べる前に、しばし観賞。

華奢な印象で楚々とした姿が人気の
ウグイスカグラをご紹介します。
 
 

イメージ

 
「ウグイスカグラ」の名前の由来には
諸説ありますが、
鶯などの小鳥を捕える場所、や
鶯が一年の中で初めて鳴く頃に花が咲く…
ことからこの名が付いたそうです。
 
 

イメージ

 
花は4~5月頃開花します。
花柄にぶら下がり、
下向きに付く花は
野山では見逃してしまいそうになります。
 
 

イメージ

 
でもしっかりと見てみると、
星形で愛らしいですね。
花色もマットなローズピンクで
なかなか味わい深いです。

その後、5月には赤い実を実らせます。
新緑と赤い実のコントラスト、
他の種ではなかなか見られない
爽やかな光景です。


ウグイスカグラは
盆栽でも親しまれている樹種ですが、
「白花」もよく見かけます。

白花種の実の色は
通常の桃花種より薄く、
オレンジレッドです。
 
 

イメージ

 
ウグイスカグラは
北海道から九州の日当たりの良い山野に
自生しています。
トレッキングをしていると
比較的良く見かける樹種です。

樹高は1~3mほど。
樹形は同じスイカズラ科の
アベリアなどに似ます。
 
 

イメージ

 
葉の雰囲気もとても爽やか。
表面は少し白みを帯びたグリーン、
葉裏は更に白の強いグリーンです。
 
 

イメージ

 
上の写真は
高木の足元でひっそりと育つ
ウグイスカグラです。

葉色は日向で育ったものより
更に白みを帯びたグリーン。
カラーリーフの域に達するような美しさです。


しかし元来、
日当たりを好むウグイスカグラ。
花付き、実付きは
やはり日向で育てた方が良くなります。

適宜徒長した枝を刈り込むと、
上の写真のように
美しい樹形に整います。

土質もさほど選ばず、
性質も強靭で育てやすいです。


近年雑木の庭や
ナチュラルガーデンの普及で
需要も伸びているウグイスカグラ。

花も実も葉も
華やかさはありませんが、
楚々とした美しさは
目を見張るものがあります。

お庭に1本あると、四季折々に
味わい深い姿を見せてくれますよ!
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧