ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【メインツリー】 シナヤマボウシ ‘ウルフアイ’ 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.03
イメージ

 
前回ご紹介したヤマボウシとは
また違った趣。

ヤマボウシの白斑品種で
最も流通の多い‘ウルフアイ’です。

学名は、Cornus kousa var.chinensis‘Wolf Eyes’。
正式には
日本のヤマボウシの斑入り品種ではなく、
シナヤマボウシの白斑品種です。
 
 

イメージ

 
ヤマボウシに比べて、
若干細身の葉。
葉の縁が波打つのは
ヤマボウシと同じです。

面白いのは、
一枚目の写真に花が写っていますが、
よく見てみると
花にも白い斑が入る、ということです。
何とも不思議な花姿ですね。
 
 

イメージ

 
涼やかな株姿、
‘ウルフアイ’は半日陰~日陰の庭でも
健全に育ちます。

日があまり当たらず、
暗い雰囲気になりがちな場所に
植え付けると本領発揮。
その場をぱっと明るい雰囲気に
変えてくれます。
 
 

イメージ

 
また、シンプルモダンなどの
黒い外壁の前に添えると、
白斑の葉がより一層映えて素敵です。

‘ウルフアイ’は
日当りのよい場所でも良く育ちます。
斑入りの品種の中では陽射しに強く、
葉は傷まず美しい状態で保たれます。
 
 

イメージ

‘ウルフアイ’は、
樹高50cm程度でも花を付けます。
(ヤマボウシの台木に
 ‘ウルフアイ’の枝を接いだものが殆どのため)

また、生長は比較的ゆっくりです。
小さめのサイズの苗を植え付けて、
ゆっくり生長を見守る過程でも、
毎年花を楽しむことができます。
 
 

イメージ

 
ホームセンターの園芸コーナーでも
サイズの小さいものから
販売していますので、
しばらくは鉢で楽しみ、
ゆくゆくは地面におろして…
という楽しみ方もいいですね。
 
 

イメージ

 
樹高は2~3mクラスでも
近年は十分流通するようになっています。

北側に玄関のある間取りの方や、
半日陰や日陰のスペース、
中庭などに高木を植えたいけれど、
暗い雰囲気になるのがちょっと…
とお考えの方、
是非‘ウルフアイ’を植えてみてください。
いい仕事をしてくれます。
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧