ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【メインツリー】 コハウチワカエデ Acer sieboldianum 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.03
イメージ

 
日本の紅葉といえば、
真っ先に思い浮かぶのはモミジ。

やっぱり、色づく紅色の葉を見ると
しみじみしてしまいますね。

そのモミジの中で、近年人気を集める
コハウチワカエデをご紹介します。
 
 

イメージ

 
コハウチワカエデ、
漢字では「小葉団扇楓」と表記します。

「ハウチワカエデ」という樹種もありますが、
ごく大雑把に言うと
それよりも小ぶりな葉を持つのが
コハウチワカエデです。

(葉の縦方向の長さと、
葉柄との比率の違いで見分けるのですが、
ここでは割愛します)
 
 

イメージ

 
葉で区別しづらい場合は、
花を見るとわかります。

コハウチワカエデの花色は淡い黄色で、
ハウチワカエデは紅紫色です。

ということで、
上の写真は「ハウチワカエデ」です。
コハウチワカエデの花の画像がなく、
申し訳ありません…


芽出しのふんわりと柔らかな葉姿も
とてもいいですね。
カエデ類の魅力は紅葉のみならず、です。

掌状の葉には5~11に分かれる
切れ込みが入ります。

普段見慣れている
「イロハモミジ」に比べると、
葉のフォルムが丸みを帯びていて
愛らしいですね。

近年イロハモミジやヤマモミジよりも
人気を集める理由は、
この丸みを帯びた葉にあると思います。 
 
 

イメージ

 
自生地は本州~九州の山地。
大きなものは樹高10m以上になります。

庭木として流通しているものは、
樹高2~3mの株立ちが主流だと思います。
 
 

イメージ

 
樹形は比較的自然に整います。
それでも枝が込んできた場合は、
まず7月頃、
鋏やノコギリで枝を切らずに
手で折れる太さの不要な枝を
処分してみましょう。

カエデ類は樹液の流動が
他の樹種と比べて激しく、
剪定の断面が大きいと
そこから枯れ込むこともあります。

枝先ばかりを折らず、
幹の方向に枝を辿り
枝分かれしている箇所を見つけ、
樹形が自然に整う方の枝を残し、
もう一方の枝を手折ります。


そして秋の紅葉のあと、
落葉後から12月いっぱいで
本剪定(夏場は弱い剪定にとどめる)を
済ませると、
樹木へのダメージを
最小限にとどめた剪定を行うことができます。

…と、書き連ねてもわかりづらいですね。
なにはともあれ、実行あるのみです!
 
 

イメージ

 
そしてお楽しみの紅葉!
ご自宅で紅葉狩り、憧れますよね。

植え付ける場所は、日当たりが良く、
西日の当たらない場所を好みます。

比較的日陰の場所でも生育しますが、
やはり紅葉の色づきが鈍くなります。

株元が乾かないように
十分なマルチングを行うか、
常緑の低木や宿根草を添えると良いでしょう。

また、冬期以外の乾燥が続く期間や猛暑時は、
株元のみならず、
枝葉に潅水を施してあげてください。
株がとても喜びます。

優しい葉姿のコハウチワカエデ、
お庭に是非、お勧めです。
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧