ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【メインツリー】 ハナミズキ Cornus florida 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.03
イメージ

 
ゴールデンウィークの10連休明けから、
また通常のライフサイクルに
体が慣れてきた今日この頃。
木々の新緑も随分出揃ってきましたね。

今回ご紹介するのは、
愛らしい花姿が特に女性に大人気の
ハナミズキです。

一青窈さんの歌で
一気にメジャーな存在になりましたよね。
 
 

イメージ

 
個人のお庭や公園、街路樹など、
あちこちに植えられるようになったハナミズキは
北アメリカの東海岸が原産地です。

よく例えとして、
日本人にとっての「サクラ」の存在は、
アメリカ人の「ハナミズキ」と同じ、
と言われることがあります。

確かに、春の訪れを告げる愛らしい花姿は
アメリカの人々に
深く愛されているのでしょうね。
 
 

イメージ

 
アメリカの首都ワシントンにある
ポトマック川の桜並木が、
日本から100年以上前に贈られた
「日米親善」の象徴であることは
よく知られていますよね。

実は、そのソメイヨシノのお返しとして、
アメリカからハナミズキ60本
(白花40本・紅花20本)が送られたことは
あまり知られていないかもしれません。

その60本のうち、
現存するのはわずが1本のみ。
東京・世田谷区にある
都立園芸高校に残っています。

今や樹高は8mほどにまで生長し、
毎年見事な白い花を付けています。
どうか枯れずに、
末永く立派に育ってほしいですね。 
 
 

イメージ

 
ハナミズキとアメリカ、
という話でもう一つ。

ハナミズキの4枚の花びら
(正確には「花弁」ではなく「総苞片」)は、
その先端が凹状になり、
上の写真のように茶色に染まる性質があります。
(茶色が目立たない個体もあります)

この凹みを、
イエス・キリストが
十字架に張り付けられた際の
傷跡になぞらえることがあります。

確かに、この凹みと茶色…
不思議な形態ですよね。
 
 

イメージ

 
日本人がサクラの散り際を潔いと感じ、
自分の身にその姿を重ねるように、
アメリカでは
ハナミズキに人々の様々な思いを
重ねるのでしょうね。
 
 

イメージ
イメージ

 
ハナミズキの原種には
白花と紅花
(Cornus florida f. rubra)があります。

日本でも両方の花色、
よく見かけますよね。
紅白セットでお庭に植える方も
いらっしゃいます。
 
 

イメージ

 
花は4~5月、葉より先か、
葉と同時に展開します。

芽吹きと蕾が重なる姿も
また風情がありますね。
 
 

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

 
ハナミズキの蕾から開花までを
一気に写真でご紹介しました。

めくるめく開花ショーですよね。
本当に魔訶不思議。

この開花の様子を見るためだけでも、
ハナミズキを植える価値が
あるような気がします。

お弁当箱をナプキンで包んだような蕾の姿から、
ぱっと花開くと
本当の花(頭状花序)が
中心に待ち構えています。

一番下の写真は
総苞片が開いてすぐの白花の様子です。
このクリーム色の姿も本当に素敵です。
 
 

イメージ
イメージ

 
ハナミズキの葉はやや大ぶりで、
葉脈がくっきりと浮き出ています。
花後の新緑もとても清々しいです。
 
 

イメージ

 
そして秋。
少しずつ色づき始めたハナミズキです。

ここからも次々と美しい姿で
私たちを楽しませてくれるハナミズキ。
 
 

イメージ
イメージ

秋の実はつやつやと輝き、本当に観賞価値が高いです。
そして実は鳥たちにも大人気!
様々な種類の鳥がやってきては、実をついばんでいきます。
じっくりとバードウォッチングも楽しめます(^_^)

イメージ
イメージ

 
紅葉もまた見事!
葉裏が白みを帯びていることから、
風に揺れたハナミズキの紅葉の姿は
とても風情があります。
 
 

イメージ

 
もうここまで見どころ満載だと、
ハナミズキを植えない理由が
見つかりません。

…強いて挙げるならば、
うどんこ病にかかることがある、
ということでしょうか。

しかしこれも、
毎年かかることもなく
自然治癒で回復しますので、
さほど気にすることはないと思います。
 
 

イメージ

 
上の写真は
ハイブリッドハナミズキ‘ステラピンク’
(Cornus x Rutgan 'Stellar Pink')
という品種です。

薄桃色のハナミズキと
白花のヤマボウシの交配種で、
両者の長所をいいとこ取りしたというもの。
特にうどんこ病に強いという評判です。


私自身は育てたことがないので
断言できませんが、
もしどうしても、
うどんこ病は避けたいという方は
ハイブリッドハナミズキ、
試してみる価値があると思います。

因みに、開花時期も
ハナミズキとヤマボウシの中間だそうです。
 
 

イメージ

 
ハナミズキは
日当たりと水はけのよい場所を好みます。

原産地では樹高が大きくなりますが、
日本で庭木レベルから植え付けると、
5m程度までは育つと思います。

花は上向きに付きますので、
人の目線で花を楽しみたい場合は、
適宜樹高を抑える剪定を施すと良いでしょう。

もし2階建の建物にお住いの方でしたら、
2階の窓やベランダから
ハナミズキの花を観賞すると最高です。
 
 

イメージ

 
近年は黄斑や白斑、
花が大型のもの、八重品種、
ハイブリッドものまで
様々なハナミズキの品種が
通販やホームセンターの園芸コーナーで
入手できます。

是非お気に入りのハナミズキを探して
お庭に植えてみてください。
四季折々、素晴らしい姿で
楽しませてくれること請け合いです。
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧