ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【低木】 ローズマリー Rosmarinus 〈常緑広葉樹〉

更新日 : 2021.07.06
イメージ

 
皆さんご存知のローズマリーです!
フレッシュでもドライでも使え、
特に肉料理に用いると、
ご家庭でもワンランク上の
味付けになりますよね。
今回は管理しやすい
「立性」のローズマリーをご紹介します!
 
 

イメージ

 
立性ローズマリーのいいところ…
それはとにかく管理しやすい!
ということです。

匍匐性のローズマリーが
石垣に沿って育ち、
馴染む姿もまた良し、なのですが
定期的に剪定を行わないと、
いつの間にか石垣全体を覆ってしまいます。

その点、立性は通常の低木同様、
その場で草丈と葉張りが
サイズアップしていきます。
 
 

イメージ
イメージ

 
上の2枚の写真は、
つくば市の商業施設と
マンションのエントランスにある
立性ローズマリーの植え込みです。
こんもりと茂った株姿、立派!

マンションの植え込みのため、
住人がローズマリーの枝を切って料理に使う、
ということはなさそうで、
純粋に「低木」として
植えられたのだろうと思います。
このようなローズマリーの使い方も
とても良いですね。
 
 

イメージ

 
一方、ご家庭でローズマリーを植え付ける場合は、
やはり料理などに使う目的が大きいと思います。

立性ローズマリーの手入れとしては、
料理用に枝を適宜切り取っていれば
それが剪定の役割を果たすため、
その他の手入れはほぼ無いと言っても良いでしょう。
 
 

イメージ

 
ローズマリーは地中海沿岸が原産。
ラテン語で
「海のしずく(ロス・マリヌス)」が転じて
学名のRosmarinusが付けられたそうです。

海岸沿いに自生していたことに加え、
その青い花色も命名に由来していると思います。
耐潮性はもちろんあり、
乾燥にも強い反面、過湿は苦手です。


日当たりと水はけのよい土壌、
乾燥気味の水分条件を好みますので、
一度根付いてしまえば
殆ど管理の手間はかかりません。
樹高は何も剪定しない場合は
1m近くまで生育します。
 
 

イメージ

 
もしご自宅に植え付けたローズマリーの株が
大きくなりすぎた場合は、
強い剪定を行うと良いでしょう。

強剪定は花が終わった後に行います。
(ローズマリーの花期は冬~春です)

その際、茎が木質化している場合は、
木質化した部分だけが残らないよう、
若々しい茎(枝)を残して剪定しましょう。
 
 

イメージ

 
最後にローズマリーの逸話について…
ローズマリーのエキスを抽出した水のことを
‘ハンガリアンウォーター’
と呼ぶことがあります。

中世のハンガリー王妃、
エリザベートⅠ世は
70歳を過ぎて老齢のため
体の不調を訴えていました。

その際、僧院から献上された
ローズマリー水を用いたところ、
みるみる若返り、
何と72歳の時に20代のポーランド王子から
プロポーズされたそうです!
激しく若返りましたね…。

肌を引き締め、
殺菌効果もあるハンガリアンウォーター、
興味のある方はご自宅でもぜひ(^^)
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧