ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【メインツリー】 ジューンベリー Amelanchier 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.07
イメージ

 
やっぱりサクラ、いいですねー!
茨城県南ではまさに今、
ソメイヨシノが満開です。

ちょっと近くに出かけた際も、
あそこにも、ここにも
ソメイヨシノがあったのか、と
来年の開花に向けて
場所を再確認する次第です。

そんなソメイヨシノの花が散り去り、
ヤエザクラが咲き始めるころ、
今回ご紹介するジューンベリーの花も
咲き始めます。
 
 

イメージ

 
近年、シンボルツリーとして知名度が上がり、
メジャーな存在になったジューンベリー。
和名は「アメリカザイフリボク」といいます。

ということで、日本には
「ザイフリボク」という種が
自生していますが、
庭木としての流通は殆どなく、
圧倒的に日本では
「アメリカザイフリボク」が主流です。

「采振木」と書いてザイフリボク。
指揮官が振る「采配」に
白い花が似ていることに
由来しているそうです。
 
 

イメージ

 
青空をバックに
清々しく咲き誇るジューンベリー、
とても爽やかです!

花は葉が展開する前、
もしくは展開と同時に開花します。
樹高は3~5m程度。
シンボルツリーとして手頃なサイズです。

生長はやや遅めであるため、
剪定の手間もさほどありません。
 
 

イメージ
イメージ

 
そして6月。
「June Berry」の由来は
その実なりの時期です。

梅雨前には赤い小粒の実が
たわわに実ります。
生食もできますし、
ジャムなどに加工しても美味!
 
 

イメージ

 
そして見た目もとてもチャーミング!
収穫しきれなくても、
観賞価値は高いです。

ジューンベリーの葉は葉裏が粉白色。
葉全体が若干青みを帯びています。
葉と実の鮮やかな赤とのコントラストは絶妙!
初夏の庭を爽やかに彩ります。
 
 

イメージ

 
上の写真のように、
黒く熟すと本当に甘くなります。
しかし、どの果実もそうですが
人間よりも鳥たちの方が、
その収穫時期を
より的確に把握しています…。

ここまで黒く熟す前に、
たいていの実は鳥に食べられてしまいます。
赤い実ももちろん美味しいのですが、
やはり甘みを求めるならば、
日々鳥たちをけん制しながら
ぎりぎりの熟す時期を
見極める必要があります。
 
 

イメージ

 
上の写真は、
株立ちのジューンベリーです。
樹形は比較的自然に整います。
枝が込んできた場合は、
枝を透かす剪定を行う程度で大丈夫です。
 
 

イメージ

 
更には紅葉!
秋には葉が黄色に色づきます。

庭に植え付ける際は
日当たりのよい場所が良いでしょう。
秋の黄葉も日当たりが良い方が
鮮やかに色づきます。
水はけのよい、肥沃な土に植え付けます。
 
 

イメージ

 
管理の手間もさほどかからず、
花よし、実よし、黄葉よし!と
いいこと尽くしのジューンベリー。
ご家族で鳥たちをけん制しながら、
実を収穫する楽しみを是非!
おすすめです!
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧