ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【中木】 ビブルナム・ティヌス Viburnum tinus 〈常緑広葉樹〉

更新日 : 2021.07.07
イメージ


少し淡いローズピンクの蕾、
開花と共に花弁の白が目立ってきます。

ヨーロッパのアンティーク家具が揃う部屋などに
飾ったらきっと間違いないですよね!

庭木として今後ますます
主流になること間違いなし!
女性的な花色が魅力の
ビブルナム・ティヌスをご紹介します。


イメージ


若い蕾は更に濃い色合い。
こちらもとても魅力的です。

ビブルナム・ティヌスは、
日本に自生するオオデマリやガマズミの仲間、
スイカズラ科ガマズミ属の植物です。
原産地は主に地中海沿岸で、
山林内のやや湿気のある場所に
自生しているようです。

近年ビブルナムの仲間は人気が高く、
セイヨウカンボクやオトコヨウゾメ、
チョウジガマズミなども
随分と店頭に出回るようになりました。
その中でもビブルナム・ティヌスは
群を抜いて出世株!だと思います。
 
今から10年以上前、
このビブルナム・ティヌスと
セットのように売り出されていたのが
ビブルナム・ダビディ(Viburnum davidii)です。

ダビディはティヌスに比べて
葉が大ぶりで葉脈がくっきりと入り、
樹形がティヌスに比べて
水平方向に広がるイメージがありました。

現在では殆どダビディを見かけることがなくなり、
ティヌスがどんどん普及しています。


イメージ


上の写真は
つくば実験植物園に植えられている
ビブルナム・ティヌスです。立派!
樹高は3mほどありました。

ホームセンターで現在出回っているものは
樹高1mより小さいものが
殆どのように思います。
3mにまで育つには、
相当年数がかかったと思います…。

ビブルナム・ティヌスは
とにかく丈夫な品種です。
耐寒性も茨城県南エリアでは
全く問題ありません。
耐暑性もあり、
日向でも半日陰でもよく育ちます。

また刈り込みにも耐え、
常緑性の品種ですので
生垣にも重宝します。
特に目立った病虫害もありません。
とにかく育てやすいです!


イメージ


上の写真は
つくば市のガーデンショップで
販売されていたティヌス。
こんなに樹高が低い段階でこの花芽、
驚きました!


イメージ


そして特筆すべきはこの実の色!
美しいメタリックブルー、
一際目を引きます。

フラワーアレンジの材料としても人気があり、
花よりもこちらの実の方に需要があります。


現在、日本で流通している
ビブルナム・ティヌス、
個人的には、同じ名前で販売していても
かなり「個体差」があるように感じています。

ひと昔前のビブルナム・ティヌスは
もっと花序(小さな花の集合体)が
小ぶりだったような…。
最近ホームセンターで見かけるティヌスは、
花序が大ぶりでとても華やかです。


ここからは全く私の推測なのですが、
近年「ビブルナム・ダビディヌ」や
「ビブルナム・ダビディ×ティヌス」
といった名前で品種が販売されていることから、
前出のビブルナム・ダビディと
ティヌスとの交配で生まれた、優良個体を
「ビブルナム・ティヌス」として
販売しているのかも…。

今後も色々な個体の様子を
見比べてみたいと思います。


イメージ


上の写真は昨年秋に我が家にやってきた
ビブルナム・ティヌスです。
美しい実と一緒に、
蕾と花が付いているのが
おわかりいただけるでしょうか?

ビブルナム・ティヌス、
何と1年に2回花を付けます。
特に、美しい実を切り花用に切り取る際に、
少し切り戻し剪定を行うと
秋に開花しやすくなります。

花もたくさん、何度も咲かれてくれて
美しい実まで…
何とも働き者のティヌスです!


イメージ

 
一昔前であれば常緑中木の主流は
キンモクセイやサザンカ、
レッドロビンなどでした。

ビブルナム・ティヌスは恐らく、
次世代の常緑中木の
スタンダードになると思います。

とにかく日本の気候下で育てやすく、
扱いやすい!
ビブルナム・ティヌス、
もしガーデンセンターで見かけたら
是非手に取ってみてください。
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧