ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【中木】 ミツバツツジ Rhododendron dilatatum 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.08
イメージ


それまで色彩に乏しかった山林や庭が、
一気に鮮やかに彩られる季節!

ミツバツツジが枝いっぱいに花を付ける姿は
本当に見事です。
花色は紫を帯びた薄桃色で、
和の色彩を感じます。


イメージ


ミツバツツジは
関東~近畿地方の山地に自生しています。
樹高は2~3mほど。
ホームセンターでは
1mくらいの株が売られています。

生育する地域によって特徴が若干異なり、
品種や変種が数多くありますが、
その差は傍目から見ると殆どわかりません…。

ミツバツツジはほかのツツジと違って
挿し木や接ぎ木で増やすのが難しく、
種から育てる方法が一般的です。

加えて、野生種に
花色のバラエティがそれほどないことから、
他のツツジ類に比べて園芸化が進んでいません。

その分、野趣に富んだ自然の姿を
存分に楽しむことができます。
 
 

イメージ
イメージ

 
ミツバツツジの花は葉より先か、
同時に開花します。

普段私たちが目にするツツジ類と違い、
ミツバツツジの枝ぶりはすっきりとしていています。

ですので、自然樹形の枝ぶりと
美しい花をセットで楽しむことができます。
 
 

イメージ

 
トレッキング中にこんな花姿に出会えたら、
もうたまりません…!

上の写真のように、
同じミツバツツジでも花色に個体差があります。
どちらも見事に咲き誇っていて立派ですね。
 
 

イメージ
イメージ

 
上の2枚の写真は、
筑波実験植物園の落葉樹林内で咲き誇る
コバノミツバツツジです。見事!

はじめの写真は落葉樹林の足元に育っており、
次の写真の株は少し開けた場所に育っています。

やはり光を求めて上へ枝葉を伸ばすため、
落葉樹林の足元に育つ株は下枝が少なく、
主幹のうねりが鑑賞できて、
これもまた味わい深いです。
 
 

イメージ

 
ミツバツツジは山地で普通に見られる種ですが、
その根は地表近くに浅く張る傾向にあります。

そのため、しっかりと株が根付くまでは
特に夏場に根元が乾燥しないように注意が必要です。
 
 

イメージ

 
花が終わると、
その名の通り3枚セットで葉が展開します。

ほぼ菱形の3枚の葉が、
スペースの無駄なくいっぱいに展開して
陽射しを求める姿も、
とても味わい深いものです。


ご自宅の庭に植え付ける際は、
日向~半日陰
(午前中いっぱい日が当たる場所)
が良いでしょう。

買い求めたミツバツツジの鉢の
約2倍の深さの穴を掘り、
腐葉土もしくはピートモスと、
掘り上げた土を混ぜ込み、
鉢とともに埋めます。

この際、深く植えすぎないよう、
また苦土石灰などで土壌を
「中和」しないようにしましょう。
(ツツジ類は酸性土壌を好みます!)
 
 

イメージ

 
こちらはミツバツツジの秋の姿です。
色づく葉もとても風情がありますね。

ミツバツツジは落葉性ですので、
葉が色づいたあとは裸の姿となりますが、
もし枝が伸びすぎた場合は
剪定は冬ではなく、
花後すぐに行ってください。


野趣に富んだミツバツツジ、
しっかりと根付いてしまえば
殆ど手入れの必要はありません。
早春のお庭をとても華やかに彩ります。
おすすめです!
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧