ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【草本類】 ケマンソウ(タイツリソウ) Dicentra spectabilis 〈落葉多年草〉

更新日 : 2021.07.08
イメージ

 
ふっくらとしたハートのイヤリングが
鈴なりに連なっているような、
何とも可憐で女性らしい花姿!

和名はケマンソウ、またはタイツリソウです。
「鯛釣草」…花の色味からも、
こちらの方が感覚的に覚えやすいですね。
 
 

イメージ

 
ケマンソウの原産地は中国~朝鮮半島。
中国では「荷包牡丹(きんちゃくぼたん)」
の名が付いているそうで、
確かにケマンソウの葉はボタンの葉に似ていて、
巾着のような花をつけている、
なるほど~!と思います。


日本には室町時代に渡来したそうです。
根はゴボウのような形状で、
現在でも欧米からケマンソウの品種が
輸入される場合は、
休眠期に裸苗(根のみの状態)で入ってきます。

花や葉の雰囲気はとても繊細な雰囲気ですが、
案外丈夫で扱いやすい植物です。
 
 

イメージ

 
植え付け場所は
日向~半日陰が良いでしょう。

何となく山野草的な、
日陰の庭に佇んでいそうなイメージですが、
日向でも問題なく育ちます。
(近年の日本の猛暑時には多少株も疲れますが…。)

土壌もさほど選ばず、
水はけの良い土であれば大丈夫です。
 
 

イメージ

 
葉の展開は4月ごろから始まり、
花は5月ごろから開花します。

上の写真の白花種のほか、
近年は葉が黄色でカラーリーフも楽しめる
‘ゴールドハート’という品種や、
花の桃色の色味が濃く、
葉も若干ブロンズに染まる‘バレンタイン’など、
様々なタイプのケマンソウが流通しています。

いずれの品種も植え付け場所や栽培の方法は
ケマンソウに準じます。


ガーデニング初心者の方、
手入れが面倒だな…と思われる方でも大丈夫!
冬には葉が枯れて地上部がなくなりますので、
ケマンソウを植えた場所を忘れずに、
踏んだり掘り返したりしなければ、
毎年愛らしい花を楽しむことができます。

是非ケマンソウ、
ご自宅のお庭で楽しんでみてください。
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧