ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【メインツリー】ヤマモモ Morella rubra 〈常緑広葉樹〉

更新日 : 2021.04.14
イメージ

惜しみなく、たわわに実る赤い実が鮮やか!
梅雨の時期の風物詩、ヤマモモの実です。
「ヤマ」と名前には付いていますが、
身近な場所によく植えられているヤマモモ。
シンボルツリーにも適し、野趣に富んだ実をつけてくれる常緑樹、
ヤマモモをご紹介します!

イメージ

上の写真は、つくば市のエキスポセンターに
植えられているヤマモモです。
梅雨時の夕暮れ、美しい照り葉と赤い実のコントラストが見事でした。

ヤマモモは暖地性の植物で、
原産地は日本の関東以南や中国大陸など。
特に四国では自生種や栽培されたヤマモモが多く見られます。
もちろん茨城県南エリアでも旺盛に生育し、
露地栽培で冬越しが可能です。

イメージ

和名の「ヤマモモ」ですが、
いわゆる果物の「桃」とは全く異なる樹種です。
しかしながら、桃のように果肉は多くありませんが、
こちらのヤマモモもとてもフルーティで美味です!
産地の四国などでは、生の実に塩をふって
酒の肴にするそうですよ。
スイカに塩をふるのと同じ原理だと思います(^_^)

最もポピュラーなヤマモモの実の利用法は、果実酒
私もヤマモモ酒づくりをお手伝いし、
頂いたことがありますが、ベリー系の香りが豊かで
とても美味しかったです!

イメージ

ヤマモモの実は「足が早い」ため、
あまり市場に出回ることはないように思います。
やはりヤマモモの実を楽しむならば、
ご自宅の庭に植えるのが良いですね。

ヤマモモの苗は、ネット通販などで
比較的容易に入手できます。
野生種に比べると、
実の大きさや甘さが格段に改良された品種が
多く販売されていますので、
是非お気に入りの品種を見つけてみてください!
接ぎ木苗であれば、概ね5年で実が付きます。

また、ヤマモモは雌雄異株です。
お目当ての苗が雌株であることを確認して購入しましょう。
公園や街路によく植えられているヤマモモ。
そこから風に乗って花粉が飛び、ご自宅の雌株に届きます。
ですので、雄株とセットで植え付けなくても、
ご自宅の雌株1本で結実する場合が多いです。

イメージ

また、ヤマモモは
痩せ地でも育つ逞しい樹種。
ヤマモモの根には「根粒」という瘤(こぶ)があり、
この内部には根粒菌というバクテリアが共生しています。

根粒菌は空中の窒素を固定することができ、
言わば窒素肥料を自前で作ることができるのです。

もしご自宅の庭の土壌があまり植物を植えるのに適さない、
痩せ地であった場合は、
ヤマモモはまさに打ってつけのシンボルツリーになるでしょう!

樹高は自生地では10~20mほどになることもありますが、
苗木から育てる場合はかなりの時間を要します。
いずれにしても、十分なスペースを確保して植え付け
た方が良いでしょう。 

植え付け場所は日向の方が良く育ち、実付きもよくなります。 

木が大きくなりすぎたと感じた場合は、
春先に枝を透かしながら樹形をコンパクトにまとめます。
しかし、すべての枝の先端を切り落としてしまうと、
その年の実なりは望めませんのでご注意を!

イメージ

常緑の照葉が見事なヤマモモ。
花は4~5月、あまり目立ちませんが、
実が熟す梅雨時は、深紅の実が本当に美しいです。
実を収穫せず、観賞するのもまたよし!です。

実を収穫する際は、梅雨の晴れ間を見計らって行います。
木の下にネットを張って、樹木を揺すると熟した実が落ちてきます。
実には虫が付いていることがありますが、
収穫後、塩水にしばらく漬けておくと、虫が出ていきます…(^_^;)

ヤマモモの実の素朴な味わい、
是非ご自宅でお楽しみいただきたいです!
シンボルツリーとしてももちろんおすすめです!

おすすめガーデンプランツ一覧