ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【中木】 ツリバナ Euonymus oxyphyllus 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.08
イメージ

 
赤いくす玉がぱっかり割れて、
中からオレンジ色の種が登場!
この見事なフォルム、
見れば見るほど不思議です。

くす玉の内側が黒く色づいているのも、
この独特のフォルムを際立たせている
一因だと思います。 
 
 

イメージ

 
ツリバナは北海道から九州まで、
日本各地の山地や丘陵に自生する
落葉広葉樹です。

樹高はさほど大きくならず、
中木の部類に入ります。
この独特の実のフォルムと、
風情のある樹形が重宝され、
茶庭やナチュラルガーデンに
用いられることが多くなりました。


庭に植え付ける場合は、
日向~半日陰の場所が良いと思います。
西日が株元に当たらないように、
足元に植栽を添えるとなお良し!です。
ゆっくりと生長しますので、
剪定の手間もそれほどかかりません。
 
 

イメージ

 
秋には橙~赤系の紅葉が楽しめるツリバナ。
お庭を鮮やかに彩ります。

植木の流通としては
株立ちで出回ることが多く、
葉も軽やかな印象で
和洋どちらの庭にも馴染むと思います。
 
 

イメージ

 
花は5~6月、「ツリバナ」の名の通り
ぶらりと吊られた状態で咲きます。

花の直径は1cmに満たない、
小さな花なのですが
よく見ると花弁が薄桃色に色づき、
とても愛らしいですね。
 
 

イメージ

 
…怒ってるの??
と聞きたくなるような、
愛嬌のある表情!

花が終わり、実が熟す前の状態です。
 
 

イメージ

 
「くす玉」が割れる直前!
こうなると、毎日くす玉の割れ具合を
庭に確認しに行きたくなりますね。

割れる直前の実は、
しっかりと赤に染まり、
つやがあります。
割れる前の鈴なりの赤い実の姿も
また良し、です。
 
 

イメージ

 
落葉した後も、実は枝に残ります。
くす玉が割れて出てきた種子は、
なかなか「くす玉」から離れず、落ちない!

メジロやシジュウカラ、
ヒヨドリなどの野鳥が
この実をお目当てにやって来ます。

秋の紅葉から、くす玉のような赤い実、
初冬のバードウォッチングまで楽しめるツリバナ、
お庭に1株いかがでしょう?
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧