ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【低木】 シモツケ ‘ゴールドフレーム’ ‘ライムマウンド’ 〈落葉広葉樹〉

更新日 : 2021.07.08
イメージ

 
まぶしい!!
目に飛び込んでくる
鮮やかなライムイエローの小葉。

近年ちらほらとホームセンターや
エクステリアの植栽で
見かけるようになった、
シモツケの黄金葉タイプです。


シモツケ(学名:Spiraea japonica)自体は、
古来日本で親しまれてきた庭木ですが、
開花の時期以外も葉色の美しさを楽しめる
カラーリーフプランツが
日本で定着しつつある昨今、
黄金葉シモツケの需要も増えてきました。
 
上の写真は、シモツケ‘ライムマウンド’です。
そして下の写真はシモツケ‘ゴールドフレーム’。
 
 

イメージ

 
この2品種、よく混同されていますが
新芽の様子を見ると一目瞭然ですね。


新芽の色が澄んだライムイエロー
→ ‘ライムマウンド’、

新芽の色がほんのりオレンジピンク
→ ‘ゴールドフレーム’
です。


新芽の時期以外でも、
枝の先端部分の葉が
何となくオレンジピンクなのが
‘ゴールドフレーム’と思って
間違いないと思います。 
 
 

イメージ

 
こちらは
‘ゴールドフレーム’の春の株姿です。

花は5~6月ごろ開花するのですが、
枝先がオレンジピンクに色づき、
花が咲いているようで
何だかお得な感じがします!
 
 

イメージ

 
こちらが‘ゴールドフレーム’の
開花時の様子です。

花色は鮮やかなレッドピンク、
ほんのりとピンクに色づいた葉先と花色が
うまく調和していますね。
 
 

イメージ

 
一方、こちらは‘ライムマウンド’です。
年間を通して
ライムイエローの葉色が褪せない!
これは‘ゴールドフレーム’にも
共通する特徴です。

性質も強靭で本当に優秀な
カラーリーフプランツだと思います。
 
 

イメージ

 
こちらは‘ライムマウンド’の花です。
‘ゴールドフレーム’に比べて
若干花色が淡く、
全体的にとても爽やかな印象を与えます。

‘ライムマウンド’‘ゴールドフレーム’ともに、
日陰より日向に植栽した方が、
本来の鮮やかな葉色を楽しめます。

しかし半日陰に植栽しても、
他の植物よりは黄色味を帯びた葉色で生長し、
植栽エリアを明るくしてくれますので、
用途に合わせて使い分けることができます。
 
 

イメージ

 
そして見逃せないのが、
紅葉のシーズンです!
新芽の鮮やかさ、
そしてカラーリーフプランツとして
年間を通して葉色が美しいだけで
十分ありがたいのですが、
シモツケは秋の紅葉もまた見応えがあります。

寒冷地であればあるほど、
葉色は赤く色づきますが、
茨城県南エリアでも十分、
上の写真のような美しい葉の色づきを
楽しむことができます。
年間を通して大活躍です!
 
 

イメージ

 
更に更に!
これらのシモツケは、
花後刈り込みを行うと、
再び新芽が芽吹き、
二番花も付くのです!

(‘ゴールドフレーム’は
再びオレンジピンクの新芽が出てきます)

二番花は、
一番花よりも花付きは多くないのですが、
それでもまた新芽と花を楽しめるのは、
やっぱり嬉しい!

‘ゴールドフレーム’‘ライムマウンド’ともに
萌芽力があり、
刈り込んでも必ずまた芽吹いてきますので、
是非一度試してみてください。
お勧めです!
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧