ロゴ

おすすめガーデンプランツ

【中木】 フェイジョア Acca sellowiana 〈常緑広葉樹〉

更新日 : 2021.07.13
イメージ

 
この独特の花色、そして花糸
(花粉が詰まっている「葯」を支える
糸状の部分)の鮮やかさ。

加えて、白い粉を纏ったような、
シルバーグレーの美しい葉色。

更に実も、そして花も食べられる!

おすすめの樹木、フェイジョアをご紹介します。
 
 

イメージ

 
樹形はこのような感じです。
枝葉はしっかりとした印象、
しかし葉色は優しく、
バランスの良い樹木です。

フェイジョアの原産地は
南半球のウルグアイやパラグアイ、
ブラジル南部。

耐寒性があり、
-10℃くらいまでなら大丈夫です。
茨城県南や千葉エリアでは、
問題なく冬越しします。


つくばエリアでは、
いわゆる「筑波おろし」
(冬期に吹く冷たく乾燥した北西風)に当たると、
葉が落ちる場合がありますが、
樹木自体が枯死することはありません。
寒風にさらされる場所を避けて植え付けると、
順調に生育します。


樹高は、原産地では大きなもので
7m程度だそうですが、
日本で普及している多くの改良品種では
せいぜい3m程度までで、
生長もゆっくりですので管理しやすいです。
 
 

イメージ

 
丸みを帯びた葉は
白い粉を纏ったような質感で
葉の裏側は更に白く、
とても印象的です。

オリーブの葉を丸くしたような
イメージでしょうか。
常緑性ですので、
目隠し植栽としても重宝します。
 
 

イメージ

 
上の写真は、
ひたちなか市の個人邸のフェイジョアの生垣です。
とってもよく育っていますね!
こういうのを見ると嬉しくなります(^^)
 
 

イメージ

 
そしてこの花姿、
花弁は肉厚でふわふわとした質感、
花糸は深紅で一際目を引きますね。

花期は5~6月です。
花弁は「エディブルフラワー」、
つまり食べられます!

味は、一言で言うと
「ほんのり甘い」…お砂糖の味、
という感じです。


余談ですが、フェイジョアの花自体には
「蜜」がありません。
ですので蜂などの虫が
花を目当てにやって来ません。

その代わり、
アリはこの花弁の美味しさを知っていて、
時折訪れます(^^;) 
 
 

イメージ

 
こちらは花が終わり、
実が膨らみ始めた頃の様子です。

フェイジョアは、品種によって
「自家結実」するタイプと、
そうでないタイプがあります。

(※「自家結実」とは、
 自身の花粉で受粉し、実を付ける、
 という意味です。
 自家結実タイプですと、
 フェイジョアの木を
 1本植えるだけで実が付きます。)


自家結実する品種でも、
フェイジョアの他の品種を近くに植えると、
実の数が多くなり、
また実の味も良くなります。

フェイジョアを「果樹」として楽しみたい場合は、
品種の違うフェイジョアを、
近くに植えることをおすすめします!
 
 

イメージ

 
自家結実性があり、手に入りやすい品種は以下のとおりです。

・アポロ(Apollo)
 中生種で大ぶりな実を付け、味も香りも抜群、
 1番人気の品種。

・クーリッジ(Coolidge)
 晩生種で実は大ぶり、豊産性がある定番品種。

・ジェミニ(Gemini)
 早生種で実は上記2種に比べてやや小ぶり。
 果肉が柔らかく味は濃厚。
 樹木自体が大きくなりにくい矮性品種。


肝心のフェイジョアの果実のお味は…、
個人的には
「パイナップル+バナナ」かな、と思います。
パイナップルのような甘酸っぱい香りも
魅力のひとつです。


果実は10月下旬ごろから「落果」が始まります。
落ちた実は拾ったらすぐには食べず、
追熟すると甘みが更に増します。

果実から甘酸っぱい香りがしてきたら、
食べごろのサイン。
包丁で半分に切って、
スプーンですくって食べます。

私は試したことがありませんが、
スムージーに入れたり、
砂糖と煮てジャムにしても美味しいそうです。
 
 

イメージ

 
樹木のお手入れとしては、
病虫害にも強く、生長がやや遅いので
それほど手間がかかりません。

樹形を整えたい場合は、
暖かくなってきた3月下旬~4月ごろに
枝を透かしたり、切り詰めを行います。

ただしフェイジョアは、
枝の先端近くに花芽ができるので、
枝を切り詰めた年は
花や果実があまり見込めません。
(花芽は前年の8~9月に付きます)


見てよし、食べてよし、手入れ(ほぼ)なし!
おすすめの中木フェイジョア、
是非お庭に植えてみてください。
 
 

おすすめガーデンプランツ一覧