ロゴ

施工事例

【阿見町 A様邸】目隠し機能と開放的な庭空間を両立させたセミオープンフェンス

更新日 : 2019.12.25
イメージ

 
住んでみてはじめてわかる、
道路側から住まいに向けられる視線。

オープン外構で
開放的なお庭をつくったものの、
リビングでのくつろぎの時間や、
日々のお洗濯の際に
道路側からの目線が気になってしまうことが
あると思います。

阿見町のA様も
今年の春に外構工事が終わり、
実際に住み始めたところ、
やはり南面の主庭に
目隠しが欲しくなったそうです。

しかし、
あまり閉鎖的なフェンスは設置したくない。

そこで今回は、
隙間を広く取った樹脂木材のフェンスで
遮蔽性と解放感を両立させるべく、
施工を行いました。
 
 

イメージ

 
施工したのは、
F&Fの「マイティウッド」。

120mmの板材を用い、
隙間を80mm取って固定しています。

この隙間の広さは、お客様のお好みで
10mm以上であれば自由に設定できます。

マイティウッドは
独立基礎の上に施工することも可能ですが
ちょうどA様が
目隠しフェンスの施工を検討されていたのが、
猛烈な威力を振るった台風19号が
日本列島を直撃する前後のこと。

よりしっかりとした基礎の上に
フェンスを施工したい、
というご要望をいただきましたので
今回は化粧ブロック
(東洋工業:レガロ120 モードブラウン)
を2段積み、
その上にフェンスを取り付けました。
 
これまで遠慮がちに
ウッドデッキの上に干されていた洗濯物ですが、
今回のフェンスを設置したことにより、
よりゆったりと、
気兼ねなく干すことができます。
 
 

イメージ
イメージ
イメージ

 
また、今回のフェンス工事に合わせて
全面芝地だった南側の主庭に
一部レンガチップ
(EX DECO:グラバB)と
植栽スペースを設けることになりました。

高木は株立ちのジューンベリーと、
フイリヤマボウシ‘ウルフアイ’の2本。

ジューンベリーは
隣地境界付近のフェンスの端に添えて
エクステリアの堅いイメージを
和らげています。

また、フイリヤマボウシ‘ウルフアイ’は、
建物やフェンスの
落ち着いた色調に映える白斑種。

リビングの窓の前に据えられていますので、
目隠しとリビングからの眺めの双方に
一役買っています。

これらの木々の春の芽吹きと共に、
A様ご自身がこれから植えられる草花類で
より一層、お庭が華やぐこと間違いなし!です。
 
 
この度、リガーデン工事と
写真撮影にご協力頂きました
阿見町のA様、
本当にお世話になりました!