ロゴ

施工事例

【牛久市 I様邸】 お庭で寛ぐベンチの設置と、植栽スペースを拡張したリガーデン工事

更新日 : 2021.07.24
イメージ

 
牛久市のI様邸は、
シックでモダンな建物外観に
白とウッドを基調としたエクステリアと、
広々とした天然芝のお庭がとても印象的でした。

今回、I様からのご要望は
お庭で寛ぐための小さなベンチの設置、
そして建物沿いの一角に
ドライガーデンを新設し、
門袖前の植栽スペースと共に
植え込みをお願いしたい、
という内容でした。
 
 

イメージ

 
既存のウッドデッキに
寄り添うように設置された小さなベンチ。

東洋工業の「ビームベンチ」は
梁(ビーム)を渡したようなシンプルな形状で、
ベンチ部分は「ヴィンテージウッド調」と
「杉板型枠打ち放し調」から
素材を選ぶことができます。

今回、I様邸には
幅90cm、高さ40cm、
梁を2本渡したタイプを施工しました。

(東洋工業:ビームベンチ
 900ダブル-400H 
 色/ヴィンテージウッド ロッソ)
 
 

イメージ

 
ベンチとしての機能はもちろん、
お庭の添景としても
いい仕事をしてくれる「ビームベンチ」。

木調の座面やブラックの脚は
緑や芝との相性抜群。
戸建てのお庭にもう一つ、
アクセントを加えたいとお考えの方に
おすすめのベンチです。
 

余談ですが、この「ビームベンチ」、
今回はベンチとして
ダブル仕様を施工しましたが、
シングルで施工すると
簡易的な柵の役割を果たします。

オープン外構にしたものの、
ちょっとオープンすぎるかも…
空間を簡易的に仕切る柵が欲しい…
とお考えの方にもおすすめです。

詳しくはこちら↓
http://toyo-kogyo.co.jp/exterior/new_material/beam-bench/
 
 

イメージ

 
ビームベンチの脇には、
マツモト物置が設置されています。

物置を開閉する際の「足場」も
今回新たに設置しました。
ビームベンチの座面の素材に合わせた、
コンクリート枕木を3本、並べて敷設しています。

(東洋工業:ヴィンテージウッド ペイブ
 1200L 色/ロッソ)
 
 

イメージ

 
そしてもう一か所、
木調の素材を施工したのが
こちらのガラスブロックが埋め込まれた壁面の
「笠木」です。
 
 

イメージ

 
東洋工業のナチュラルウッドキャップ、
色はミルクルです。

ウッド調の素材が要所にちりばめられ、
お庭の空間全体の雰囲気が
更にまとまったと思います。
 
 

イメージ

 
一方、既存の天然芝の一部を撤去し、
建物沿いの一角に
今回新たに植栽スペースを設けました。
 
 

イメージ

 
このスペースには
I様が長年鉢植えで育てられたアガベと
門袖の植栽スペースに植えられていたコルジリネ、
そして今回新たにI様がご用意された
小さなアガベやハーブ類、
シルバーブルーリーフのフェスツカ・グラウカを
間隔をとって植栽しました。

時間をかけてゆっくりと、
生長の過程を楽しみなが
らI様がこのドライガーデンを更に美しく
仕上げて下さると思います。
 
 

イメージ

 
このドライガーデンの縁取りは
先ほどご紹介した笠木と同じ素材の
ナチュラルウッド ペイブ
(色/ミルクル)です。

幅が150mmで、
これまでよく使用していた
東洋工業のレイルスリーパーペイブよりも細く、
さりげなく花壇の縁取りを作成するのに最適です。
 
 

イメージ

 
こちらは門袖前の植栽スペース。
「草丈があまり高くならず、
ローメンテナンスな植栽」
がI様からのご要望でした。
 
 

イメージ

 
建物沿いの植栽に関しては
「ハーブ類やフェスツカを準備しています」
とI様からご連絡を頂いておりましたので、
それらの品種がお好み、
というヒントから
今回弊社で植物材料をセレクトしました。

年間を通して葉の色を楽しむことができる
カラーリーフプランツを中心に、
一度根付けば潅水が殆ど必要のない、
乾いた環境でもよく生育する品種を選定しました。

(グレビレア・カレックス・ユーフォルビアなど)
 
 

イメージ

 
植栽スペースに敷き詰められた
白い砂利の中には、
I様が家族旅行で持ち帰られた
貝殻やシーグラス、
サンゴなどがちりばめられています。

ご家族の思い出と共に
植栽がしっかりと成長し、
I様のお庭により馴染んでくるといいですね。
 
 

イメージ

 
梅雨の時期にかかり、
工事がなかなかスタートできず
I様にはご迷惑をおかけして
本当に申し訳ありませんでした。

エクステリア工事と写真撮影に
ご協力頂いた牛久市のI様、
改めて感謝いたします!