ロゴ

施工事例

【つくば市 I様邸】 頑丈な折板カーポートで台風シーズンも安心なエクステリア

更新日 : 2021.09.14
イメージ

 
つくば市のI様邸は
モノトーンで色調を抑え、
シックで引き締まった印象の
平屋住宅です。

広々とした敷地内で
車を切り返せるようなプランを
当初I様はご希望でした。

しかし、車の動線や全体の雰囲気を考え、
駐車スペースは4台分を確保し、
その他のエリアは将来的に
芝を貼ったり、
ウッドデッキを設置したりするために
フリースペースとして
確保することになりました。


イメージ


こちらが今回、駐車スペースに設置した
折板カーポートです。

(YKK AP:レオンポートneo 2台用
 55-60 標準柱タイプ(角柱)
 色/プラチナステン)


近年勢力を強め、
甚大な被害をもたらす台風。

強風対策として、
スチールの折板屋根ふき材を用いた
カーポートの設置を検討される方が
増えてきています。
 
 

イメージ

 
加えて、茨城県南エリアは
「筑波おろし」
(冬期に北西から吹きおろす寒風)もあり、
しっかりとした強度の折板カーポートは
とても頼りになりますね。

因みに、レオンポートneoの耐風圧強度は
風速46m/秒相当。

上の画像では、
最も濃い青色の部分
(鹿児島県の種子島や屋久島)が
風速46m/秒の風が吹くと
予想される地域です。

茨城県南地域は
風速34m/秒のエリア。
レオンポートneoの使用可能基準を
大きく下回っています。
 
 

イメージ

  
レオンポートneoの2台用を設置した箇所は
土間コンクリートを打設しましたが、
残りの駐車スペース2台の部分は
今回、40-0砕石を敷設しました。
 

「40-0砕石」とは、
採石場で採取された岩を
クラッシャーで砕いたものです。

「40」と「0」は
砕石の粒の直径を表しています。
つまり、
40-0は「直径40mm~0mm」の砕石、
ということになります。

粒径が揃っていない砕石を敷き込むことにより
径の大きな石の間に小さな石が入り込み、
敷設面が固く締まって安定します。


将来、この部分に
土間コンクリートを打設する場合は、
砕石を土間の下地として
再利用することができます。

逆に「やっぱり芝を貼りたい」となった場合、
土間を打ってしまっていると
土間の解体と撤去処分が大変ですが
砕石ですと、その手間と費用が
大幅に軽減されます。


現在ご夫婦でお住まいのI様、
常時駐車するのは2台分、
加えて来客時にもう1~2台駐車する、
という使用頻度ですと、
4台分の駐車スペースのうち
2台分は40-0砕石の敷設でひとまず十分、
ということになりました。
 
 

イメージ

 
一方、こちらは
建物と門袖の風景。
リビングの掃き出し窓の前は
将来、ウッドデッキの設置が
予定されています。
 
 

イメージ

 
門袖の化粧ブロックは、
白の建物外壁と対照的な色合いのものが
採用されました。

(化粧ブロック
 東洋工業:ソリッドストーン エッジ
 色/ダークグレー
 +笠木
 東洋工業:クオリーキャップ
 色/クオリブラック)
 

道路から玄関ポーチまでの距離が短いため、
ブラックの2丁掛けピンコロラインで
高低差を解消しています。

また、門袖前の花壇縁取りは
暗い色調に映えるよう、
白のピンコロを使用しました。
 
 

イメージ

 
門袖前に植栽が加わると、
門廻りがより柔らかい印象になり、
華やいだ雰囲気を演出できます。

加えて、駐車スペースから
玄関ポーチに向かうアプローチには
縁から15cm幅で
6号砕石のスペースを設けています。

ここに埋め込み式のソーラーライトを
I様が設置予定です。

ソーラーライトは価格もお手頃で
設置も据え置くだけ、
故障した際の交換も簡単ですので
お庭にライト設置をお考えの方には
弊社もよくお勧めしています。
 
 

イメージ


お打合せ当初から
エクステリアに対する明確なご要望を頂き
プランも滞りなく、
スムーズに作成することができました。

またお庭のことで
お困りごとがございましたら
いつでもご連絡頂ければと思います。

外構工事と写真撮影にご協力頂きました
つくば市のI様、
本当にありがとうございました!