ロゴ

施工事例

【土浦市 T様邸】 ガーデンライフを存分に楽しむための、こだわりのデッキとサークルストーンが印象的なエクステリア

更新日 : 2021.01.10
イメージ


今回のお客様は、
リガーデンがご希望の土浦市・T様です。

建て売り住宅をご購入後、
こだわりのガーデンライフを実現すべく、
庭づくりの構想を重ねてこられたT様。

その具現化のお手伝いの一端を
担わせていただきました。


イメージ


まずはこちらのデッキから。
三協アルミの「ラステラ」です。

「ウッドデッキでもなく、タイルデッキでもない。
 モダンでシックな屋外フローリング」
という謳い文句のラステラ。

確かに、従来の樹脂デッキとは一線を画す質感です。
 
 

イメージ

 
上品なマーブル模様のデッキ材。
確かに「ウッドデッキ」と呼ぶのは違うな、
という色合いと質感。

色も、ブラウンなどの木調のバリエーションはなく、
シックなブラックや、
シャビーな雰囲気を醸し出すグレーなどの
ラインナップとなっています。

今回T様は、建物外壁のモノトーンの雰囲気に合わせて
デッキ材は「ホワイトマーブル」、
幕板と束柱は「ブラック」を選ばれました。
 
 

イメージ

 
床板の幅は、274mm。
よく当社が施工する「リウッドデッキ」の床板が
197mmですので、
かなり幅の広い印象です。

床板のマーブル模様は「同じ柄が二つとない」そうで、
自然で優雅な雰囲気を一層醸し出します。

https://alumi.st-grp.co.jp/products/deck/deck/lastella/detail1.html

日差しの強い日の撮影で床材の質感がわかりづらく、
申し訳ありません…。
上記のURLから、
床板のカラーラインナップをご確認頂けます。
 
 

イメージ

 
こちらはお庭のサークルストーン。
今回はSBICのアクシア・サークルを
施工させていただきました。
石の色は、落ち着いた雰囲気の
ウェザードバフです。

サークルの縁取りは、
100角インターロッキングの
ラインが引かれています。

(東洋工業:シャルドブリック ペイブ
 色/シャルドブラウン)
 
 

イメージ

 
ストーンの目地は、
T様自らがお買い求めになられた
径の細かな化粧砂利が敷き詰められています。

また、このサークルストーンの周囲には、
今年の春にヒメコウライシバを
当社が貼らせて頂く予定です。

芝貼りを晩秋から
冬にかけて行うと、
霜で芝が持ち上げられてしまい、
加えて冬の寒風に晒され、
芝が枯死してしまいがちです。

ですので、二期工事として
芝貼りは春先に行います。

青々とした芝と
サークルストーン、
お庭で寛ぐ春のひとときが
本当に待ち遠しいですね。
 
※二期工事の芝貼りの様子はこちらからご覧頂けます。
https://lia-garden.com/index.php?itemid=673
 
 

イメージ

 
そして、ストーンサークルの両脇には
インターロッキングのコバ立て花壇が
設えられています。

(東洋工業:シャルドブリック ペイブ
 小口仕上げタイプ
 色/シャルドブラウン)

T様の好きなお花と、お母さまの菜園、
どちらも早速植物が植え付けられ、
お庭のある暮らしを楽しまれているご様子です!
 
 

イメージ

 
こちらは、
T様のお母さまの部屋の窓先に設置した
三協アルミのテラス、「晴れもようwith」です。

ペットのワンちゃんも、このテラスに出てきて
私がお庭を撮影している間、
ずっと「お前誰だー!」と興味津々の様子でした(^^;)

1.5間×5尺(約2.8m×1.6m)のテラスは
午後のひととき、特に寒い時期など、
本当にほっとできる空間ですよね。

もちろんサボテンや多肉植物、観葉植物も
喜んで生長してくれます。
 
今回はオプションで
カーテンレールを設置しましたので、
夏の暑い時期も
熱を遮断するカーテンを閉めればOKです。
 
 

イメージ


テラスの周囲には
駐車スペースから階段を上り、
玄関に続くアプローチとして
インターロッキングを敷設しました。

(SBIC:ロシェ・ヴィンテージ
 色/ジョーヌ2:オークル2:リヨン1
 +縁取り インターロッキングライン
 SBIC:ロシェ・ヴィンテージ
 色/リヨン)
 

施工当初から風景に馴染む
ロシェ・ヴィンテージ。

3色を比率を変えて織り交ぜ、
配色のパターンが単調にならないよう、
職人さんに丁寧に施工いただきました。

こちらのインターロッキング舗装の周囲も
この春にヒメコウライシバ貼りを
予定しています。 
 
 

イメージ

 
一方、こちらは
駐車スペースから玄関へ向かう階段部分。

洗い出し舗装と段鼻のタイルを用いて、
優しい雰囲気に仕上げました。
 
 

イメージ

 
既存の階段は、
化粧ブロックの蹴上げに
モルタル左官仕上げの踏面でしたが、
今回のリガーデンでは
蹴上げも踏面も洗い出しで仕上げ、
段鼻にはタイルを施工しました。

(洗い出し舗装
 EX DECO:BBレジン 洗い出し3分石
 色/YRA-839
 +階段部分
 LIXIL:アレス 300×100mm
 角垂れ付き段鼻
 色/No.12)
  
 

イメージ

 
また、従来の階段は
1段目の下地が見えている状態でしたので、
今回はもう一段、階段を追加し、
花壇のインターロッキングと同じ素材で
蹴上げ部分をコバ立てにして仕上げました。
 
 

イメージ

 
こちらは駐車スペース。
土間コンクリートの金鏝仕上げと
6号砕石で構成されていましたが、
今回、6号砕石は集めて裏庭に敷き詰め、
その部分に新規で土間を
車4台分のスペースで打ち、
目地は化粧砂利を敷き込みました。
 
 

イメージ

 
既存の土間と新規の土間との間は
V目地を入れて仕上げています。
 
 

イメージ


駐車場西側の奥には
サイクルポートを設置しました。

(三協アルミ:セルフィ
 基本 29-18 H20
 色/本体・ダークブラウン
 屋根材・ポリカ(ブルースモーク))

自転車と原付、
これで雨の心配もなく、
朝の通勤時もスムーズに出発できますね。
 
 

イメージ

 
一方、駐車場東側の奥には
インターロッキングのコバ立て花壇を新設し、
主庭入口からイロハモミジを移植しました。
 
 

イメージ


上段のデッキやサークルストーンから
生長したイロハモミジが
楽しめる位置となっています。
 
秋の紅葉や春の新緑が
本当に楽しみですね。

工事と撮影にご協力頂きました土浦市のT様、
本当にありがとうございました。
また春の芝貼りの際にお世話になります!