エクステリア・ガーデン設計施工のリアガーデン

施工事例

雑草対策におすすめ⋆砕石敷き工事【龍ケ崎】

更新日 : 2022.09.26
イメージ

最近お問合せを多くいただいている雑草対策のご相談

広い土地をお持ちの方は特にお困りなのではないでしょうか・・・

S様邸も住宅の隣の敷地を所有しているものの

お忙しい毎日の中、雑草のメンテナンスに手が行き届かず

快適に使用することが難しくなってしまいました

そこで当方にどうにかできないか

というご相談をいただきました⋆

アスファルト? 砕石敷き?

広い土地の雑草対策として考えられる代表的な施工方法は

✔アスファルト
メリット・・・排水性が良く静音性も高い、施工当日に駐車可能、雑草は生えにくい
デメリット・・・砕石よりコスト高、剥離しやすい

✔砕石敷き
メリット・・・アスファルトよりコスト低
デメリット・・・土に比べると草が生えにくくなるが雑草が生えないわけではない、轍ができやすい

今回S様邸は見積りを2パターン作らせていただきお選びいただきました⋆

ご検討いただいた結果、住宅とは別の敷地ですので
見た目よりもコストを抑えられる砕石敷き工事が採用となりました!

皆様も気になる商品や施工方法などありましたら
お見積りを作成いたしますので
お気軽にご相談ください⋆

C40-0砕石とは・・・?

イメージ

駐車場にも使用する土地ですので、今回使用するのはC40-0砕石です

【C40-0砕石とは?】

採石場で採取された岩を
クラッシャーで砕いたものです

C40は砕石の粒の大きさの意味で、
約40mmの大きさになります
40-0は「40mm~0mm」の粒の大きさが
混ざっている事を意味しています

駐車場にC40-0が使われる理由は、
大きな粒と小さな粒が混ざっているので、
転圧すると大きい石の間の隙間に、
小さな石が入り込み、固く締まるからです

イメージ

敷地の奥には菜園スペースを設けました

2.4m×2.4mの正方形花壇を化粧ブロックで造作⋆

手が届かない場所があるので

今回は足場になるようインターロッキングを真ん中に敷きました

これで、どこにでも手を伸ばせて楽に家庭菜園が楽しめます!

イメージ

倉庫周辺には地先ブロックで見切りを作り、

防草シートのみを施工しました

これだけでも雑草対策には充分効果を発揮します!!

あまり人目につかない場所は低コストの施工方法がおすすめです⋆

イメージ

雑草は生命力が強く、放っておくと大変なことになってしまいます

せっかく所有している土地ですので手間がかからないように施工し

有効活用していただくことをおすすめさせていただきます⋆

新築外構工事に関しましても

広い土地でご新築中の方は、低コストでできる雑草対策


ご検討してみてはいかがでしょうか⋆


S様⋆土地のお手入れでお悩みになることも少なくなったのではないでしょうか。
また何かございましたらご連絡をお待ちいたしております⋆
お写真撮影にご協力いただき誠にありがとうございました!!